TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年末のご挨拶。

10月1日にこのブログを開始して3ヵ月になりました。その間に訪問された方、コメントを下さった方、本当にありがとうございました。

前回のブログは、あらすじだけとか感想だけとか安定しない回がよくありましたが、今回のは個人的に納得するものが書けました。前はPrison BreakやHeroesなどをやっていて、話を追うだけになりがちだったんですが、それよりも見ているだけでは分かりにくいものを細かく見たいというドラマを中心に書きました(8割くらい自分のために^^;)。字幕でも吹き替えでも原語でもない、エピガイなりの楽しみ方が出来るのが理想です。

Grey's AnatomyやPrivate Practiceはキャラクタやストーリー、CSIシリーズは専門用語やプロセス、Criminal Mindsは犯人像を浮かび上がらせるプロセス、Supernaturalはトリヴィアと兄弟のやりとりを中心に書きます。基本的に犯罪ドラマは客観的になります。キャラを追ったりすると醍醐味が半減するので、タイトルどおりあくまでも捜査を真ん中に据えてそこに関わる人々として書きます。おちゃらけもなしです。

それと、Journeymanが終わってしまいましたが(多分)、面白いドラマがあればまたやりたいと思います。ストの最中でいい作品が出てくるかは分かりませんが、期待したいですねー。

年内にCSI:NYを追いつく予定でしたが、下書きを書いて終わってしまいました。暇な時にまとめて整えて予約投稿しようと思いつつ、できませんでした。11話目まで書いてあるので、年明け落ち着いたらそちらの方もアップします。一応、9,10話目で333事件が解決、11が普通の回です。情報量が多すぎて見ているだけでは頭が整理しきれないので、詳細に書いてます。

また来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。