TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Dr. House] シーズン4第2話。ハウス先生、ネタバレ回顧録です。


ハウスによる全体ミーティング。いきなりスクリーンに男の写真を投影し、誰か尋ねた。クビにしないから誰か答えてください。

Female Doctor: Neville Chamberlain.
House: You're fired.

早くも一人消えた。別の男がバディ・エブセン(Buddy Ebsen)だと答えた。正解。彼は化粧に含まれていたアルミ成分に対するアレルギーがあると診断された。彼の肺は機能しなくなり、死に至りかけた。なぜか。今のところ、これといって面白そうな患者がいないので、1938年の彼に何が起きていたのか考えてもらうことにした。戻ってくるまでに7つの異なる診断を考えておくように。

カディは3人雇えと言ったのだが、ハウスは3人分の給料があてがわれると解釈していた。人数分で割った物を給料にすればいいのだ。27人だと思っていたが、実際は40人もいたのでDの列に座っていた人間を全部クビにした。おっと。こんな美人がDの列にいたのか。訂正。Cの列の人をクビにします。

カディからしたら3人ともうまくやっていけないのに、こんなに大人数をどうやって管理するのかと心配している。彼に合う人間を探すのに40人じゃ足りないって言った方がいいのに。

House:Well, I'd love to chat, but I've been paged. That's interesting. Apparently paged myself.

部屋に戻ってみると、一人の女性が来ていた。彼女はパイロットなのだが、どうも調子がおかしい。同僚には機械の整備不良のせいにしていたが、何かあると思ってここに来たようだ。とはいえ、ただのパイロットではない。封筒からいきなり現生5万ドルを出してきた。医療費だと言う。

House: Well, insurance is usually cheaper than that. Cash means there is something to hide.

彼女は空軍の大佐であり、近々NASAのトレイニングプログラムを受けることになっている。

House:I discovered salt and created FM radio.

彼女の他に応募者は100人もいる。いずれも体に異常などない人間ばかりだ。これが発覚するとせっかくのチャンスがフイになる。そこで色々リサーチしてみたところ、ハウスの名前が浮かび上がってきた。

Captain: You're the best, you break rules, and you don't care about anyone except yourself.
House: Well, let's say that's true. You get a new job, hospital gets a nice wad of cash. What do I get?
Captain: I crashed a flight simulator because I started to hear with my eyes.

当然、面白い症状を抱えた患者をゲットできるのである。やった!

ハウスが戻ってきた。エブセンの話はナシ。共感覚(synesthesia)を抱えている30歳の女性。共感覚は彼女が言うように、目で聞くような病気である。ヴァイオリンの音が赤く感じられる、みたいな。「えっ?」って思った方。だから病気なんです。

ラボのレポートは書いたらシュレッダ行き。レントゲン写真撮ったら焼却。ノートなど、残る物は一切禁止。

House: As far as you're concerned, the patient is Osama Bin Laden. And everyone not in this room is Delta Force.

ハウス流のジョークなので、いちいち絡んでこないように。名前は?と聞かれた。名前が分かれば病気を治せますか??

House: Here's Osama!

彼女を入室させて、質問を受け付ける。

共感覚には最近なった。過去に同様の兆候や精神的な疾患はない。処方された薬、あるいはドラッグは使用していない。以上、39番の質問。彼女に近しい人、家族や同僚達が最近病気になったということはない。以上24番。次。

House: Two down. Kitty Carlisle.

(60年代のゲームショウ"What's My Line?"より。古いところから攻めてくるな、今日は。Kittyはそのショウのゲストパネリストだった。)

13番の彼女はいい質問をした。2万フィート以上の場所で多くの時間を過ごしているか。飛行機に乗る人は、長時間動かない状態が続く。脚の血栓が卵円孔開存(patent foramen ovale: 心臓の壁に隙間がある)を起こして、脳梗塞を起こしている可能性があるわけだ。パイロットであることは伏せたが、よく飛行機を利用する人だと言うことにしておいた。

3人でEEG(electroencephalogram: 脳電図)、MRI、血管造影図(angiogram)を調べる。血液検査、検便で1グループ。LP(lumbar puncture: 腰椎穿刺)と髄液培養(culture)でもう1グループ。いつもどおり、彼女の家に入って調べるので1グループ。残りは...洗車。

こんな事をするためにメディカルスクールに通ったんじゃない!という組と、こういう仕事をこなして生きている人もいるという男の2組に分かれた。この18番の男は洗車のバイトの経験があるのか、これをこなすことで世界でもトップレベルの診断医から学べると特に嫌がる様子はない。他の人達は女を筆頭にクビになったも同然と仕事を放り出して帰って行った。

一方の侵入組。若い男と女が一人ずつ窓から入ることにした。もう一人の中年の男は上にあがることが出来ないので、中から開けてくれと言ってみたが競争だからと却下された。弱い者が淘汰される。

私帰る!とイの一番に洗車を放棄した女が帰ってきた。他のメンバーを脱落させるための作戦だったらしい。嫌らしすぎる。しかもハウスから鍵を盗んでいた。人の家に侵入するくらいだから、これくらいいいだろうというわけだ。恐るべし。さらには自分で洗わないと言い出す始末。洗車場へレッツラゴー。

窓からの侵入は難しそうだ。どうしようかと思っていたら、置いていかれた男が中から窓を開けた。大家に姪っ子が電話に出ないから心配だと言って入れてもらったらしい。体使わず頭使った。知恵が物を言う世界なのだよ。彼はもうオトナなので、あっさり二人を入れてやった。

血液検査組の報告。血栓の疑いはない。赤血球の増加が著しい。しかしノートが取れないせいか、しゃべりがたどたどしい。おや。ハウスは窓の外にチェイスが見えた。慌てて外に出てみたが、それらしい男はいない。気のせいか。

赤血球値の上昇には色んな原因が考えられる。一酸化中毒。彼女の家にはガス暖炉があるからである。とそこに洗車を終えて女が帰ってきた。ちなみにチェイスの事を聞いてみたが、話してないからチェック・オージーなアクセントまで分からない(知らない方へ。チェイスはオーストラリア訛りにチェコ訛りが少し入っているbyハウス)。

House: Can I have my car keys back?

お見通しである。余計なことは考えずに、患者を高圧室に入れるように。ハウス先生は、彼女に素数の番号はあげないと辛らつな意地悪をした(彼女は24番)。うーむ。13番の彼女がだいぶリードしたな。

高圧室には高濃度の酸素も供給されて、体内の一酸化炭素を浄化できる。とはいえ、酸素濃度は通常より高いので、この作業を繰り返し行うことにする。しかし、セットして間もなく彼女が心臓発作を起こした。彼女は共感覚のせいで苦しみを感じていない。

Patient: No, I just feel a little funny.

頻脈性不整脈(tachyarrhythmia)。電気ショックを与えたいが、この酸素量では危険が多い。とはいえゆっくりしてもいられないので、やってみた。火がついたので消火器で鎮火。無事に脈が戻ったが、上からスプリンクラーが降ってきた。

Man: And we are so fired.

火だけに。うまいこと言っている場合ではないようだが。

当面の処置として、ニトログリセリンと抗凝結薬を投与した。それにしても原因は一体何なのか。EKG(心電図)は正常。高圧・高酸素処理の過程で起きたが、それが理由ではない。共感覚、赤血球値上昇、心臓発作。TA(Takayasu's Syndrome/Arteritis: 高安動脈炎)も考えられるが、熱や発疹がない。ここで26番、先の中年ドクターがいい答を出した。

心筋症(cardiomyopathy)である。心筋に異常をきたせば、発作も起こるし脳への血栓もできる。結果、共感覚もありうる。

House: How old are you?
No. 26 I'm 21. Unless it's relevant.

経食道心エコー検査(transesophageal echo)を行う。2番と13番が助手としてつく。残りは、カフェテリアに行って感染を引き起こす10の物を考えること。各人が、である。

ハウスはウィルソンに話に来た。チェイスのことである。そんなはずはなかった。彼は1週間前から、アリゾナのMayo Clinicで働いているのだから。

Wilson: Interesting. It wasn't Foreman or Cameron you "saw," but Chase, the one you fired.

罪悪感を感じているのだろうと言うウィルソン。ハウスは食べていたチーズをコーヒーの中に入れて去っていった。

House: The only thing I feel guilty for is this.

26番が検査をするかと思いきや、なぜか13番に任せた。またも手柄を人に手渡した。検査の結果は異常なし。血栓や弁膜不全は見られなかったし、心壁の異常な動きもなかった。次は、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(thyrotropin-releasing hormone, TRH)検査をする。甲状腺機能亢進症(hyperthyroidism: 甲状腺ホルモンの分泌異常)を調べるためだ。これで甲状腺(thyroid)による心臓発作の可能性も判明するだろう。

ホルモンを投与したら彼女の心拍数が上昇。彼女の色覚に異常をきたした。同時に、パニック状態に陥る。挙句に走って部屋を飛び出していってしまった。仕方なくハウスに連絡。

House: Paging me during Judge Judy, not the best way to win my affections.

(リンク先は音が出ます♪)

彼女は別部屋の中に篭城している。ドアをぶっ壊そうもんならセキュリティが飛んできて、事情を聞かれ情報が明るみに出ることだろう。というわけで候補生達は何もできずにいた。だから頭を使えって。

Male doctor: If you don't open this door, we're going to break it down.
House: Clever. An appeal to her deep concern for hospital property.

だから。

Male doctor: If you don't open this door, you're going to die.

頭を使えといっとろうが。

Another male doctor: Open up or I blab your secret to everyone.

彼は秘密が何かを知らない。アウト。しかしハウスが俺は知っていると付け足してみた。むむ。おやおや。あそこに見えるのは...アリソンさんではなかろうか。でも髪の毛がブロンドになっているなぁ。本物かいと思って目を凝らしていたら、中から患者が出てきた。24番が注射を打って終結。

んが。カディが来た。

Cuddy: Who is she?
Another male doctor: Osama Bin Laden.

別室で待っている候補生達のところに聞きに来た。ハウスの説明では、国際犯罪組織から逃げている最中だと言う。26番が同調した。しかし彼女がここの長であると知った10番がバラしてしまった。家に侵入した男である。だから、頭を... 彼女の名前はグレタ・クーパー(Greta Cooper)でblah blah blah。

Cuddy: You're a virus, House.

人と共存しているヴァイラスもいますよ。彼女は今後、彼が申請した検査類の結果のコピーを取ると言い出した。どうぞどうぞ。

House: I don't have to put those on paper.

ハウスは戻ってきた。まず、10番クビ。26番は堂々と寝ていて罪悪感を感じないタイプである。2番の女はヴィザの関係で色々面倒になりそうだ。というわけで10番のみクビ。24番が指差していたし。決定。

今までの症状に、パニック発作が加わった。次に考えられる原因は、傍腫瘍症候群(paraneoplastic syndrome)であるが、MRIの検査を要する。しかしそれはカディにストップをかけられている。

House: So how do we do tests when we can't do tests? You've got an hour.

ハウスはウィルソンの部屋に来た。議題は2つ。肝臓をスキャンせずにスキャンするにはどうしたらいいか。キャメロンはここで何をしているのか。

Wilson: Interesting. So you're seeing Cameron now.
House: No, not "interesting," because not "seeing." "Saw."

どの道、患者はMRIや超音波検査に署名しないだろう。そこで肝臓癌に誰よりも詳しい彼に聞きに来た。今のハウスでは、触診するくらいの方法しか浮かばない。チェイスにキャメロンと立て続けに幻影を見てしまったからだとウィルソンは言う。お互い話を全然合わせんなぁ。

キャメロンはチェイスと婚約しているからして、アリゾナ州はスコッツデイルでの仕事を請けていた。480局番から彼女がかけてきたので、彼女がアリゾナにいるのは間違いない。ウィルソンはハウスがあるはずもない彼らの姿を見ているのは、罪悪感ではなくパニックになっているからだと考えている。今やっているチーム選びも、やがては3人に絞られる。その選考基準は、おそらく技術や才能といったものではないだろう。

Wilson: I think you're going to choose people just because you can't stand them. Because if you like them, well, that's just... stressful.
House: Stress. I like it.

これはいい事を聞きました。次の作戦は、肝臓にストレスを与えて経過を見る。意見を求めると、13番が案を出した。静脈にビタミンDを投与して、日焼け室に入れる。エグいやり方だな。彼女は昏睡状態になれば、代謝に問題があるというわけだ(ビタミンDは太陽の紫外線にも含まれている。体内外から十分量を入れてみて吸収されないとなれば、肝臓機能に問題があるということになる)。しかし当然問題がある。Dを代謝するのは腎臓も同じ。どちらが機能不全か特定できない。

ここでクビと宣告されていた9番がテキーラを投入したらどうかと提案した。先の案よりもっとエグい訳だが、採用。クビもとりあえず撤回。ちなみにこの9番。演じているのはKal Pennである。簡単に降りるはずないと思った。

本当に何も使えないので、3人の被験者を用意した。酒に強い人、普通な人、全く飲まない人。グレタと同量のテキーラを皆で飲んで、比較する。この全く酒を飲まない男。彼は洗車を自らやっていた彼であるが、信仰上酒を飲まないでいた。しかし、彼が唯一酒を飲まないメンバーなので、ハウスは強引に頼んでみた。彼女の夢と己の信条、どちらが大切ですか。彼女の命が救われるとしてもやりませんか。

House: Would you pull an ass out of a pit on the Sabbath?

安息日に人を救うことだって可能です by聖書

っつうことで、みんなでテキーラを飲んだ。酒を飲まない彼が考えたのは、ハウスの考えに一理あると思ったからである。これには少し驚いた。大体、信心深い人間ほど、論理的な説得方法は通じないもの。かく言う彼はほとんど無神論者みたいなところがあって、クリスマスやイースター以外の日に、特に何かをするわけではない...おや。廊下を歩いているのはフォーマンではないか。

異変が起こったグレタを置いて、追いかけていってしまった。追いかけど追いかけど、彼の姿が見当たらない。出くわしたカディに聞いてみたが、彼は今、New York Mercyにいるらしい。違っていた。挙句に彼女に酒を飲んでいたこともバレてしまった。それは、いっか。部屋に戻ってみると、グレタも他のドクターの姿もなかった。

彼女が酸素吸入の挿管を拒否したので、トレッドミルに連れてきていた。無理に酸素不足状態にするという強引なやり方であるが、どうやら13番の発想のようだ。ハウスは症状を調べるため、喉の辺りを指で叩いて聴打診(auscultatory percussion)する。

House: Game's over.

彼女は肺癌か結節性硬化症(tuberous sclerosis)のどちらかである。切開して調べてみる必要がある。しかし切開痕が残れば、NASAの医者にバレてしまうとこれを拒否。

House: I never opened for Springsteen or slept with Barbara Feldon. You can live for years without dreams. Without lungs.

それでも何か方法を探してくれと言うグレタだった。

候補生を集めてミーティング。ここまで来ると5万ドルでいいのかという気もするが、受けたものは仕方ない。メンバーの中に形成外科医がいるのだが、彼の技術を持ってしてもNASAの医者の目から逃れる事は出来ないと言う。

しかしそれにはトンデモ案があった。傷を隠そうとするからいけないのである。逆に傷を加える。

Male Doctor: Turn her "b"s into "c"s.
House: It's a myth that fake hooters blow up at high altitude.

胸に傷がついても説明ができて、しかも健康上問題がない。おまけにオッパイが大きくなるという一石三鳥のウルトラCである。

本人がグレタの説得にあたる。さすがに簡単にOKしてもらえるはずもない。多くの成功者という者は、最初は笑われたりするものだ。彼らの成功する理由の一つは、そういった世間の目を一切気にしないという強さにある。これでイチコロだった。

カディに反対されたものの、後で理由を説明するといってとりあえず納得してもらった。行政審判でもなんでも受ける。

House: It's in the best interests of the patient.

切開して肺を調べると嚢胞(cyst)が3つある。右の肺にあるということは、左にも同じくらいあるだろう。では今まで彼女を苦しめていたものはなんだったのか。改めて考えることにした。

エキノコックス症(Alveolar hydatid disease)か。だとすれば今頃、全身痙攣を起こしていることだろう。却下。肺ランゲルハンス組織球症(Pulmonary Langerhans')。これではRBC(red blood cell: 赤血球)の上昇が起きない。

Chase: Von Hippel-lindau syndrome. Raises red blood cell count. Causes masses on the organs. One of the masses is a pheochromocytoma. It'd cause neurologic episodes and a heart attack.

フォン・ヒッペル・リンドウ病。見学席からマイクを通じて聞こえてきたのは、チェイスの声だった。

House: Do you see a blond guy who still has peach fuzz standing up there?

周りに確認してみたが、どうやら本当にいるらしい。

House: This is a closed procedure. Gallery's off limits.
Chase: Not to the surgical staff.

彼は本当に戻ってきたのか。周りに彼を雇うのかと聞かれて、一瞬考えたハウス。チェイスは首を横に振っている。

House: Not a chance. I love you guys.

彼が指示を与えて顔を上げたときには、チェイスの姿はもうなかった。

ハウスはウィルソンに話に来た。チェイスがアリゾナにいるなんて、当然彼のついた嘘である。特に意味のない嘘であるが、寂しいかなぁとか焦るかなぁとか思ってやってみただけだった。なーんだ。

House: I didn't even have primary feelings.

キャメロンの方はと言うと、実は彼女の方がERに来たのが先で、チェイスが後を追ってきた。じゃあフォーマンは...? 彼は本当にNew York Mercyにいるのである。

Wilson: Did you "see" Foreman?
House: No.

逆にウィルソンの方がfreaked out状態になった。図らずも。

グレタの容態はよくなった。しかしフォン・ヒッペル・リンドウ病というのは遺伝病で、完全な治療法はない。嚢胞を取り除いたところで、完治しないのだ。再発の可能性だってある。それでも放射線治療や定期検査を受けてでもなりたいと言う彼女だが、その必要はもうない。

ハウスはNASAに連絡していた。

House: I'm not an idiot. Those shuttles fly over New Jersey.

あ、そういう意味でね。お空を飛べば、何かあった時に彼女一人の問題ではなくなる。悲しいけれど、夢は諦めることになった。

全体ミーティング。

House: Which of you gets to live to be abused another day. And which of you goes home and rationalizes being fired as character building?

21番、19番、8番、34番、17番、29番、5番、36番、2番。サヨウナラ。いぢられない自由な生活を満喫してください。残りは、8時にM. Sharp集合。9番も残った。もちろん、13番も。

House: I'll be in sometime between 10:00 and 3:00.

2番の彼女が文句を言いに来た。私、間違ったことしてません。失敗したの、他の人です。ああ、だめだ。一番上にいけないタイプだ。

House: Other people took chances.

チャンレンジして失敗してそこから這い上がれる人間が必要とされているのだ!ミスや失敗のない人間なんていないのに、それを恐れてどーすんだ。ってことでサイナラ。挑んで失敗する人に救いの手を差し伸べる人はいるけど、挑戦しない人は見向きもされないって、よく言われたのを思い出した。

問題は26番。人生において遅いと言うことはない。いつだって学べるじゃないか。そこがポイントではなかった。彼はメディカルスクールに通ってないのである。だからあの時、13番に経食道心エコー検査をやらせたのだ。知識はあっても実践を積んでいない。

彼はThe Coumbia Med Schoolのアドミッションオフィス(入学の手続きとかするところ)で30年働いていた。その間に、全ての授業を受けた経験がある。それも1回と言わず何回も。だからといって、学位をもらえるわけではない。いくらハウスがルールを破る人間だと言っても、無免の医者を雇うわけにはいかない。

ということで、考えを述べる役割のみを担ってもらうことにする。ついでにコーヒー入れたり、ドライクリーニング取って来たりしてもらうけど。

No.26 Your secretary?
House: Assistant sounds marginally less demeaning.
No.26 It's not my dream job.
House: Actually, it is. It's just not your dream title.

世界的な診断医のたった一人のアシスタント。しかも彼に意見を述べることが出来るのである。一考する価値はあるだろう。

ハウスはやってきた。やっぱりキャメロンがいた。

Cameron: Three weeks. For someone who never misses something small, you missed something big.

3週間同じ病院にいて気づかなったとは。

House: The hair makes you look like a hooker. I like it.

ハウスの下を離れて、やっているのが交通事故の怪我の処置だとはいささか彼も不満である。かくいう彼女はこの仕事を気に入っているようではあるが、ハウスの噂は聞きつけているらしい。

Cameron: Why'd you rat your patient out to NASA?
House: I don't know who's been gossiping about ethics instead of sex, but I hope they've already been fired.

秘密で受け入れたはずなのに、グレタと言う名前まで知っていた。そもそも彼のペイジャーの番号を教えたのは彼女だったのである。彼女は最初、ERに来て詳しいことは話さなかったそうだ。おそらくハウスの名前だけ出したので、番号を教えたんだろう。

それに新たな事実も分かった。ハウスはNASAに嘘をついていた。

House: She's gonna be the safest astronaut up there. Certainly more vigilant than the guy next to her who's got no clue about the aneurysm in his head ready to pop.

ハンディを負っているからこそ、人の何十倍も頑張って安全にニュージャージの空を飛んでくれるだろう。なんともハウスらしい言い訳であるが、本当のところは違うとキャメロンは知っている。

Cameron: You couldn't kill her dream.

さすがは我らのDr. House。今週もありがとうございました。

[END]

[感想]

いやあ、キャメロンのブロンドは似合いますなぁ。ってそこちゃうか。フォーマンはどうしたんでしょう。ハウスは本当に幻覚を見たんだろうか。単純にアメリカンアフリカンの彼(9番)を目の前に話していたから、思い出しただけなのかも。

一杯候補を集めたわけなんですが、Kal PennとかOlivia Wildeとか、知った顔の人たちが残るなあというのは大体予想がついてしまいます。2週目で半分位になりましたが、最初から10人くらいで毎週一人ずつ落としていったらいいのに。FOXだし。This is American Doctor!みたいな。

また次回。
---
Director: Deran Sarafian
Writer: Doris Egan, Leonard Dick

Star:
Hugh Laurie as Dr. Gregory House
Lisa Edelstein as Dr. Lisa Cuddy
Omar Epps as Dr. Eric Foreman
Robert Sean Leonard as Dr. James Wilson
Jennifer Morrison as Dr. Allison Cameron
Jesse Spencer as Dr. Robert Chase

Guest Star:
Essence Atkins as Greta
Anne Dudek as Amber
Olivia Wilde as Thirteen
Peter Jacobson as Taub
Kal Penn as Kutner
Heather Fox as Ashka
Jonathan Sadowski as Mason
Carmen Argenziano as Henry
Edi Gathegi as Cole
Jason Manuel Olaz´bal as O’Reilly
Andy Comeau as Brennan
Meera Simhan as Jody
Melinda Dahl as Twin 15A
Caitlin Dahl as Twin 15B
Larkin Campbell as Dave
Jaimarie Bjorge as Beautiful Doctor
Bobbin Bergstrom as Nurse
Kathryn Adams (II) as Number 23

™FOX.com and ©FOX and its related entities. All Rights Reserved.
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。