TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[CSI] シーズン8第14話。彼の登場も後わずか。超ネタバレPlayback。


女性が一人、不安げな様子で後ろを振り返りながら部屋に入った。彼女の悪い予感は当たった。暗闇に潜んでいた人間が彼女に発砲し、死体となって発見された。

LVPD。弾が入って行った傷口が2つ、抜けた傷口が2つ。どちらも貫通していた。財布、カバンはないため、IDは確認できず。携帯電話もない。ブラスはこの部屋のリース主を調べている最中。隣人で彼女を知っている人間は一人もいなかった。出入りの激しいこの手のアパートでは、隣人との付き合いがないのはよくあることだ。

引き出しが開けられて荒らされている。彼女がやったのかどうかも分からないし、侵入した跡がないので強盗なのかも不明。傷口が2つなのに対し、落ちていた銃弾のケイシングは7つ。また不思議な事に、被害者から離れた場所にポツンと血が1滴だけ落ちていた。

犯人のものだと考えられるが、血痕の形状はきれいな円。どこかの方向に向かって伸びているものではない。犯人はここに微動だにしない状態で立っていた。そして床に垂直に血が落ちた。しかしグリッソムの推測も天井を見て変わる。

天井には同じ大きさの穴が開いている。ホークアイで下から、ミッチには実際に上に行ってもらって調べる。ドアを叩くが誰も出ない。それもそのはず、ホークアイのレンズには頭から血を流している女性の死体があった。

Grissom: It looks like this crime has a second story.


CSI
(♪"Who Are You" by The Who♪)



彼女にはIDカードがあった。マリア・エスピノーザ(Maria Espinosa)。頭を撃たれて死んでいる。だが、弾の出口が見当たらない。体内で骨に当たって砕けたと考えられる。彼女は下の天井から床を突き破ってきた弾に撃たれて死亡。事件の巻き添えを食らったことになる。

グレグがケイシングを調べていると、異臭を感じた。7つのうちの1つから尿のにおいがする。クライムライトを当ててそれが確認できた。この部屋でペットが飼われていた様子はない。彼は犯人がビックリして思わず漏らしてしまったと推察したが、果たしてそうだろうか。

グリッソムはレーザーをつかって、弾丸が飛んできた方向と傷口の位置関係を調べた。彼女は床に耳をつけるような格好でいたことになる。下で大きな声がするのに聞き耳を立てていたのか。隣人達によれば、聞こえたのは銃声のみで、大きな声や喧嘩しているような様子はなかった。

Grissom: What was she listening to?

キャサリンとホッジスは、事件で殺された方の女性を調べている。

Catherine: Tramp stamp.

腰の辺りにあるタトゥ。のはずだったが、ドルマークのそれは腰を一周している。

Hodges: Looks more like a tramp belt.

お金を腰の周りに飾り付けているホットガール。荷物がほとんどないアパート。売春婦だと思われる。ただの金目当てでやっていると言う彼と、金は諸悪の根源だと言う彼女。

Hodges: Most people think it's just the money.
Catherine: Oh, sage.

グレグから彼女に連絡。ケイシングの数に対応する銃弾全部を見つけてしまった。エスピノーザを撃った弾は体内に残っているはずなのに、7つの弾がある。そこでブロンディ(グレグは身元不明女性をこう呼んでいる)のGSRを調べてもらう。

右手をぬらした綿棒でこすり、ロジゾン酸ナトリウム(Sodium rhodizonate)を垂らす。紫。硝煙反応は陽性である。彼女自身も自分の銃を持っていたことが判明した。

バリスティクスによれば、7つの弾は全て同じ銃から発射された。それとは別に、ロビンスはエスピノーザから壊れた弾丸を摘出していた。それには薬きょう圧入溝があるため、リヴォルヴァーだと分かる。だからケイシングが落ちていなかったのだ。

そこまでの情報から推理。銃を持って自分のアパートの部屋に戻ったブロンディは、待ち伏せしていた何者かに撃たれた。その衝動で倒れる寸前に銃を撃ってしまった。それがたまたま天井を貫き、床に耳を済ませていたエスピノーザの頭に当たった。

Grissom: Welcome to the O.K. Corral.

(当然ながら、日本語は「OK牧場」である。)

ブラスから連絡。アパートの管理人と連絡が取れ、あの部屋はブロンディのものではないことが分かった。借りた主は、ケレン・タイフォード(Kellen Tyford)。

Greg: Drops?

彼はナイトクラブのプロモータ。もう3度目の登場である。上の階も彼が借りていた。

ブラスはLVの拘置所を訪れた。コーネル大の学生とのチェストーナメントが行われている。負けて悔しそうにしているタイフォードに一言言っておいた。

Brass: Ivy League college student versus a high school dropout convict. You got no chance.

彼にブロンディの写真を見せた。彼女の名前はジェシカ・ジェインズ(Jessica Jaynes)、通称JJ。彼女が彼のアパートで何をしていたか分からない。彼のクラブによく来ていて、カウチに座っているだけで客が彼女に酒を振舞う。自動的に彼が儲かる。そういう関係だった。

Drops: Look, if the customers like the atmosphere... then I try to Chuck Woolery that.

(彼は"Wheel of Fortune"や"Love Connection"などのホストを務めた)

特に気にする様子もない彼に、エスピノーザの写真を見せるとその表情は一変した。笑みが消える。彼女は彼が子供の頃に世話をしてくれた恩人で、数年前にホームレスになったと聞いて自分の家を貸した。

後に税務署がその家を差し押さえたので、今のアパートを借りた。上の階に彼女が、下の階に自分が住むことにした。それが自分に出来る最低限の事だと思ったから。JJは彼の部屋で死んだわけだが、それについてはやはり何も知らないと言う。

JJには旦那さんと息子がいた。ロビンスやブラスは、まだ小さい彼に母親の遺体を見せるのはためらったが、彼は構わないと言った。布がめくられる。やはり彼の妻だった。彼女は毎晩家にきちんと帰ってきていた。友人は沢山いたが、あのアパートで何をしていたか知る由もなかった。

ニックはエスピノーザの部屋で人形を使って調べていた。下からの軌道と傷口の向きから想定される姿勢。その方向にレーザーを置いた。キャサリンと共にその様子の写真を撮るのが目的だったが、意外な発見があった。レーザーの先の天井に小さな穴がある。掘り起こしてみると、.38口径のリヴォルヴァー用の銃弾が埋まっていた。グリッソムの推論は外れ。

Catherine: I like it when the king gets it wrong. Keeps him human.

この弾は彼女の頬を貫通したものと同じ銃から発射されたものと認められた。銃弾は2つ、床の穴は1つ。彼女が撃たれたのと別の件で天井に撃ち込まれたと思われる。新たな理論。JJはまず、エスピノーザを射殺。続いて下の階に降り、タイフォードの部屋に行って今度は自分が撃たれた。その時に彼女が放った弾が天井を通過し、上の階の天井に突き刺さった。鍵を握るのは、未だ正体のかけらもつかめないJJを殺した人間。

ドロップスの名前で借りられた部屋だが、彼には拘置所という完璧なアリバイがある。彼が知っている人間だとしても、すぐにバラしたりはしないだろう。

Wendy: He may not have to.

グレグの見つけた尿サンプルを調べると、女性からの上皮が含まれていた。CODISにヒットはなかったが、DNAの半数がエスピノーザのものと一致。彼女の娘、ダナ・エスピノーザ(Dana)のものと思われる。

彼女がデータベースに登録されていたのは、殺人未遂事件で起訴されていたからである。事件には日本人ビジネスマンが関わっているとされ、彼はThe Palmsの8階から飛び降りていた。ところが裁判では彼女を擁護する目撃者証言があり、無罪が言い渡された。その目撃者こそ、他ならぬあの男だった。

Wendy: Care to guess who?
Grissom&Nick: Drops.

ブラスはニックと共に再び彼の下へ。コーネル大のシャツを着て掃除していた。ここでもまた意外な事実が明かされる。タイフォードは自分はいい人間だとは言えないが、自分の子供がおなかにいる女性の面倒を見るのは当然だと言った。ダナは妊娠していたのである。

出産予定は来月。だから膀胱の調節が上手く行かず、発砲事件なんかがあれば尚更の事だった。

Brass: So make a ho a housewife. I saw that movie.

彼女は別にフッカーだったわけではない。そうなる前に彼が手をつけた、と言う方が正しい。状況を考えれば、JJはエスピノーザ親子を殺そうとしていた事になる。ドロップスが言うには、ダナの性格上、自分が撃たれそうになって何もしないとは考えられない。彼女とはそういう女である。

彼女と会うのも容易ではない。素行が悪い上に危険らしく、ブラスがSWATを要請すると言っても電話では出てこないほど人を信用してない。知らない番号からだと取らないし、住所を聞いて会いに行くにも一苦労する。

Drops: What are you going to do? MapQuest her ass? That's not going to work.

結局、彼女と会うには自分をここから出すしか方法はないと言った。

Nick: You think we can just pop you out of jail?
Drops: Yeah. Like 48 Hrs.

彼はジョークのように軽いつもりで言っているが、彼女の命が狙われていたのだとすれば、赤ん坊の安全も保障されない。犠牲者が増え、次はダナの番かもしれない。ニック達は諦めて帰っていった。

JJの携帯電話機はないが、アーチーは会社のサーバからデータをもらってテキストメッセージを調べていた。

Catherine: You ever worry that you could be replaced by a computer?
Archie: Every day of my life.

彼女の最後のメッセージは夫に宛てたもので、撃たれる30分前。

"WIT VAL SHE KNOWS
WHERE D STASHED OUR $$$. YAY!

BE BACK SOON WIT
PHAT POCKETS.

KISSES TO YOU N BEBE."

彼女は大金を持って帰ると言っているが、そのようなものはアパートにはなかった。これを巡ってエスピノーザは殺されたのか。それにしてもこの"D"はDropsなのか、それともDanaなのか。

通話記録もある。彼女が最後に着信した相手は、ヴァリンダ・カーライル(Valinda Carlisle)。メッセージのValとは彼女の事だろう。彼女に電話、したはずが出たのはウォリックだった。彼女は車で死体となって発見され、ウォリックが現場に来ていた。

向かいのストリップクラブにいた客らに話を聞いたところ、妊婦がこの車の助手席に乗るのを見たと言っていた。キャサリンは、ダナにはアパートの殺人事件に関してBOLO(Be On Look Out: 警戒令)を出している事を教え、武装しているために危険があることも同時に伝えた。

Warrick: Ooh, raging hormones and a gun? We've got to get that off the streets fast. What's the plan?

"48 HRS"作戦。時間がないので彼を外に出す事にした。両手に手錠をかけ、足にはGPS付きのアンクレット。結局こうしなければならなくなった事に、ニックとブラスは非常に腹が立っているようだ。

3人が向かったのはブルース・ザグバーグ(Bruce Zagberg)という男の家。フィナシャル・プランナーでタイフォードの401Kを管理しているらしい。ピンプと企業年金という関係にピンと来ないブラス。ともかく、逃げるのに必要な金はそこから取り出すだろうとタイフォードは読んでいた。しかし何度かジグザグ・ブルースの家に電話をかけみたが自動音声が答えるのみで、あてになるか分からない。

家の前に車を停め、ブラスは一人で中の様子を見に行った。帰って来た彼は、ドロップスの話が初めて本当だったと言った。ブルースは頭を撃たれ、死体となっていたのだ。

目から撃ちこまれた銃弾のケイシングは、9ミリ口径のもの。今までのものと一致する。彼は家の外で殺されていたが、近所の人は皆、学校や仕事で留守にしている。ナニー達は警察に話したがらない様子。ここはグリッソムが担当することにし、ニックとブラスはダナの行方を追う。

彼女が次に頼りそうな人物を尋ねた。タイフォードの義理の姉シェリー(Sherry)。彼女とダナは非常に仲が良かった。場所はJackson and D。ブラスも場所を聞いてげんなりした。

Brass: We're going to the hood.

店では彼女がウェイトレスとして働いていた。警察アレルギーの彼女に一人で話に行きたいと強く要望するドロップス。何かと自由の身になろうとする彼にバッジを見せた。

Brass: Instant antihistamine.

ドロップスの方もGPSをつけられているから逃走のしようがないと食い下がる。

Drops: You got your Game Boy on me.

ニックが通りに出て監視し、彼の手錠を外して行かせる事にした。情報の連絡先を教えるために、ブラスのビジネスカードも持たせた。嫌々ながらであるが。

Drops: Cool. The Church on the Move.

彼を見るなり彼女は脱走したのかと呆れていた。両手に手錠がないことを見せたが、とっくにニックやブラスに気づいている。他の人間も事件に巻き込むのかと相当怒られて、さすがのピンプもたじたじである。

Sherry: You a snake now?! A rat?!

ケレンはダナの母親やJJが殺された事やダナ探しを手伝うために出してもらった事を話した。シェリーが最後に彼女を見たのは、一昨日の夜。あまり調子がよさそうではなかった。いつもやっている母親とのビンゴもキャンセルしていたほどだ。

ドロップスはダナを見かけたらブラスかニックに連絡するようにと番号を書いて、カードを渡した。立ち去ろうとする彼に、彼女はスペシャルメニューが入った紙袋を渡した。中身が何かは分からない。ブラスに目で合図するニック。

前と後ろから銃を構えて挟み撃ちし、紙袋を地面に落とすように指示。中身はチキンだったが、勝手な行動をすることは許可されていない。彼に手錠をかけ、拘置所に再移送する。

だが、ドロップスはもう1箇所、行くべき場所があると言う。彼の金庫が置かれたオフィス。さっさと言わない彼にイライラしているブラスは、紙袋をゴミ箱に捨ててその場所に向かう事にした。

ウォリックがヴァリンダの車を調べていると、キャサリンが解剖の結果を持ってきた。車からは銃弾、グラヴボックスの財布からはJJの運転免許証が出てきた。カーナビの最後の行き先は6555 VEGAS VALLEY DRIVE。ドロップスのアパートの住所。

二人が共犯していた疑いが浮上。ヴァリンダはJJをアパートまで連れて行き、ドロップスの知り合い達を脅してお金を奪う予定だった。ところがJJはエスピノーザを殺してしまい計画が狂う。その後、下の階に降りた彼女はダナに殺された。ヴァリンダは現場から逃走したが、翌日の晩にダナの復讐に遭った。

ウォリックはその考えに疑問を持った。弾は後頭部から入り、額へ抜けて行った。その弾は開いていた窓の外に行ったと思われたが、車の内側に残っている。ここまではいい。目撃者の証言によれば、ヴァリンダは運転席に座っていた。

運転席は左、助手席は右。助手席の側から乗り込んだダナがそのように彼女を撃つには、左手に銃を持って彼女の頭の後ろに回す必要がある。あまりにも不自然だ。そこで考えられるのは、銃は後部座席から撃たれたということ。つまり、第三者が存在した可能性がある。

ブラス達はドロップスが所有するクラブにやってきた。責任者によると1時間ほど前にダナはここに姿を現し、NASCARレーサーのような男と一緒だった。ニックみたいな感じ、だそうだ。ダナとドロップスの関係を知っているので、何も聞かず店に入れた。

Drops: What is this? And where's the DJ?
Manager: That's Mini-Britney. It's what the people want.

小さな女性がブリットのマネをして踊っている。適当なショウをやらせているので、ドロップスは相当頭に来ているようだ。CBSとしては宣伝のつもりだろうが。

オフィスに行って、監視カメラの映像をチェックする。金庫は空になっているが、彼は元々何も入れていなかったとのことである。ダナはそれを知らずにここに来た。映像には彼女と男の姿が見える。その男とは、なんとJJの夫ウォルター(Walter)だった。

しかも彼はJJのピンプなのだと言う。息子の面倒を見るための金を彼女に稼がせていた。あのタトゥもこの狡(こす)い男の案による物らしい。画面をよく見てみると、ウォルターはダナに銃を突きつけている。JJが手に出来なかった金を、今度は彼が追っている。

そのお金の場所が分かりさえすれば、二人を逮捕できるはずだ。だが、タイフォードは弁護士か税理士しか知らないと言う。そこに先ほどのマネージャがサンドイッチを持って入ってきた。ブラスとニックが気にも留めず画面を見ていたが、ドロップスはサンドイッチの中の機械を見つけスイッチを入れた。ブラスのGPS追跡機器がオフになる。

さらにマヨネーズを冷蔵庫から取り出すフリをして、そのまま中に入っていった。それはステージに抜けていた。彼はクラブを飛び出して逃走。ニックが後を追う。しかし迎えに来た車に乗り込んで、走り去っていってしまった。

ニックの記憶では、青のステイションワゴン。ネヴァダプレートで、KCZから始まる。彼はGPSを調べようとしたが、追跡不可能になっていることにようやく気づいた。マネージャのデイル(Dale)を逮捕。

彼は事情を説明した。あれはGPSジャマー。ドロップスがシェリーにカードを渡す時、番号を書いていたと思ったが、彼女へそれを用意するように指示を出していた。後は以上の通りである。なので、やっぱりデイルを逮捕。

グリッソムからニックに電話。アパートの9mmガンケイシングとヴァリンダの車から発見されたものは同じ銃から撃たれたもの。しかし、その銃でJJが殺害されたのではない事が分かった。おそらく、いまウォルターが持っている銃だろう。一刻も早く彼を捕まえなくてはならない。

ブラスから報告。例のワゴンはウォルター名義のものだった。ダナを人質にし、ドロップスの金を狙っているのは明らかだ。

その頃、ウォルターはダナに銃を突きつけ、ドロップスに金を用意させていた。JJを働かせるだけ働かせた上に、金は彼が独り占め。オマケに彼の女に殺されて息子は母親を失った。そのツケを払わせるのが彼の目的だった。

ドロップスは5万ドルを現金で差し出した。それでもまだ1つ借りがあると言うウォルター。お金の問題は解決した。後は、失った妻の借りを返さなければならない。狂気に駆り立てられた男は、ダナかお腹の赤ちゃんかを選ばせることにした。

万事休すに陥ったドロップスは、膝から崩れ落ちるフリをしてジャマーをオフにした。同時にニックの追跡装置も復旧。場所は例のアパートメント。彼が助けを求めている事を察知し、ブラスはバックアップを要請。人質救出作戦に切り替える。

ケレンは選べないと言って時間を稼ぐ。だが、ウォルターの感情の高ぶりも頂点に達しようとしている。警察チームが到着。外の車には彼の息子がいるので、本人が中にいるのは間違いない。音を立てず、気づかれないように近づいていく。

ウォルターが子供を撃つ事を決め、銃を向けた瞬間、外で声がした。一瞬気を取られた隙にドロップスが突進。銃弾はダナの肩に当たった。ドア越しでもみあいになり、警察が突入してきた拍子にドロップスが腹を撃たれた。

ブラスは緊急に救急チームを要請。銃で撃たれたショックでダナは破水した。父親は拘置所に入れられている身分であるが、小さな命は守らなくてはならない。ニックは彼女を落ち着かせ、チームの到着を待った。

夜になってドロップスは目を覚ました。右手は手錠でベッドにつながれている。左手でカーテンを開けると、そこには赤ちゃんを抱いたダナの姿があった。嬉しそうな笑みを浮かべ、抱かせてくれと言ったが彼女は拒否した。彼のせいで母親が死んでしまったからだ。

彼女は事件当時、彼の部屋で上の騒ぎを聞いていた。JJであることまでは知らなかったが、誰かが彼のお金を狙ってやってきた事だけは分かった。好きなものを取って帰ってくれと叫ぶ母親。銃声が聞こえた。すぐに棚から銃を取り出し、やってきた犯人を撃って逃げた。

やがてヴァリンダから電話を受け、彼女から実際に何が起きたのかを聞いた。さらにダナを助けたいと言うので彼女の車に行った。だがそれは助手席にいたウォルターの命令によるものであり、ヴァリンダは彼女の目の前で射殺された。

彼からはドロップスは彼に金銭的な借りがあると聞かされた。一方でドロップスからは何も持ち合わせていないと聞かされていた。だからウォルターをジグザグのところへ連れて行くことにした。だが彼もお金を出す事が出来ないと分かると、ウォルターは彼も殺した。

挙げ句の果てにお金を持っていたのはドロップ自身で、アパートに隠して独り占めしようとしていた。彼の考えとしては、税理士に見つからないようにし、ダナ親子に残したつもりだった。

彼は3人の将来のためにそうしたのだと言ったが、本人は拘置所暮らしで被告の身。結婚もしていない彼女にとっては将来など見えるはずもなかった。彼が出てくる頃には彼の前から姿を消すと、彼女は宣告した。

話はここまで。ニックは彼を拘置所の病院に移送する事を告げた。ベイビーの隣のベッドに寝かせたのは、事件解決を手伝った彼への最大限の配慮だろう。彼女に冷たくあしらわれたが、彼女がJJ殺害の罪に問われるか尋ねた。事件の流れからしても正当防衛。お金の方は母親に残したと彼自身が言っているので、亡くなった彼女に代わりダナとベイビーが受け取る事になる。

Drops: For once, I did something good in my life.
Nick: Oh, your life ain't over yet, Kellen. It ain't over yet.

犯罪者相手であるが、父親となった男にはどこまでも優しいニックだった。

[END]

[感想]

ドロップスを迎えに来たのがウォルターだったけど、どうやってそれを知ったんだろう。ダナを人質に捕らえられているというのと、ドロップスの逃走を手伝うというのがつながらなくて混乱した。ジャマーを用意させる時にはすでに知っていて、それ自体もウォルターからの指示だったってことなのかな。

ストーリー展開は面白かったものの、ブラスとニックがドロップスに簡単にはめられすぎた事、ウォルターと言う第三者の存在に気づくのが遅すぎたのが気になった。おかげでダナは凶悪犯みたいに見えた。まあ、最後のニックのセリフでチャラと言えばチャラだけど。

色々ニュースが流れている中、ウェンディがまた1つ活躍してよかった。こりゃいよいよレギュラー昇格だな。グリス先生のお墨付きだし。彼女が現場に出る日を楽しみにしたい。

あと、ニュースをやってる"412"の方が記事を投稿出来ない状況でまだあげていないんですが、CBSのコメディ"How I Met Your Mother"にBritney Spearsが出ます(5月12日)。それが決まったのがあってかなくてか、彼女の物まねキャラ(似て非なる感じだけど)が登場しました。

また次回。

---
Story: Dustin Lee Abraham, Naren Shankar
Teleplay: Allen MacDonald, Dustin Lee Abraham
Director: Jeffrey G. Hunt

Star:
William Petersen as Gil Grissom
Marg Helgenberger as Catherine Willows
Gary Dourdan as Warrick Brown
George Eads as Nick Stokes
Paul Guilfoyle as Captain Jim Brass
Eric Szmanda as Greg Sanders
Robert David Hall as Dr. Al Robbins
Wallace Langham as David Hodges

David Berman as David Phillips
Archie Kao as Archie Johnson
Liz Vassey as Wendy Simms
Larry Mitchell as Officer Mitchell

Guest Star:
Al Shearer as Dale D.
Cara Santana as Dana Espinoza
Ludo Vika as Maria Espinoza
Terra Jole as Mini-Britney
Octavia Spencer as Sherry
Grant Sullivan as Walter Jaynes
Nikki Disanto as Valinda Carlisle
Omi Vaidya as College Student
Anya Monzikova as Jessica Jaynes
Method Man as Drops

©MMVII, CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。