TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[CSI:マイアミ] シーズン6第18話。超ネタバレ。


赤のPontiac。ジュースを飲みながら運転していると、前のBMWが出口で降りるのを急に止めて元の車線に戻ってきた。慌てて急ブレーキを踏むと、ジュースをこぼしてしまった。男は頭に来て前の車に追突。今度は横付けして缶を投げつけてやろうとしたら、ひび割れた道路が陥没し車は下に落ちた。狙われていた男は何が起きたのかよく分からなかったが、バックミラーに映らなくなったので安心して走り去っていった。

ホレイショ達が現場に到着。死んだ男の名前はジェフ・ラニア(Jeff Lanier)。別の車の人間と口論になり、レースをしていたと言う報告がフランクの下に入っている。開いた穴をよく見てみると、車の下に電灯がある。トンネルが掘られていたと思われるが、マイアミでトンネル工事はないし、水道にしては高すぎる。何の目的かは実際に降りて調べてみる。

地面には沢山の札束が落ちていた。銀行強盗に使われたものと思われる。中は全て行き止まりになっているため、強盗達は穴を登って通りに出たに違いない。だが逃げる事が成功したのは、全員ではなかったようだ。そこには一人の女性の遺体があった。犯人グループは彼女を置いて逃げたのか。さらに奥を見ていく。

そこには銀行の金庫室の壁を突き破った跡があった。やはり、銀行を襲った帰りの途中でトンネルが崩れ、彼女は死んで他の仲間は逃げたという理論が正しそうだ。

Frank: Tunnel must have collapsed during the bank robbery.
Horatio: Like divine intervention.


CSI:Miami
(♪"Won't Get Fooled Again" by The Who♪)



支店長はアラームが全く鳴らなかったので、エリックに聞かされるまで事実を知らなかった。死んでいた女性の写真を見せると、彼女はロリ(Lori)という彼のアシスタントマネージャだった事が分かる。彼が最も信頼を置いていた従業員である彼女が強盗に関わっていたなど、彼には信じられない。

金庫を開けられるマスターキーを持っているのは彼だけ。しかし、彼女はセキュリティコードを知っているので、アラームを解除する事は可能だ。自分の目で確かめるまで信じられない彼は、エリックと共に現場を見に行くことになった。

コードを入力しドアを開けると、そこにいたのはホレイショ。支店長は驚いた。金庫の扉は重厚だったが、奥の壁はダイナマイトに耐えられるほどではなかった。セキュリティシステムを確認すると、最後に入ったのはロリ・ストルツ(Stoltz)。午前3時42分の事である。エリックは、デポジットボックスの利用者のリストを作成してもらう事にした。

全てのボックスは、2つの鍵を使わないと開かない仕組みになっている。電子回路の起爆装置が落ちているので、犯人達はそれぞれの鍵にコードをつないで爆破して開けたと思われる。問題は、金の大半は残されていた事だった。彼らの目的は、別のものにあったようだ。

現場のキャリーの下に遅れてナターリアが来た。

Natalia: I know. I'm very sorry, but I had to stop and pick up a little addition to my wardrobe.
Calleigh: You got your gun qualification. Congratulations.

射撃場では色々あったが、ようやく銃の携帯を許可された。おめでとう。二人がいるのは、銀行から200メートル離れた工事現場。この辺りに入り口を隠しておけば、見つかりにくそうではある。ここから調べていく事になった。

積み上げられた資材を取り除くと、そこに入り口があった。その前にはタイヤの跡がある。2つのタイヤの幅が狭いので資材を運ぶトラックではなく、乗用車。逃走用のものだと容易に推測できる。現場の責任者に話を聞いてみる。

キース・ファレル(Keith Farrell)。現場に入り口、地下にトンネル、200m先ではダイナマイトで爆破して銀行強盗。何かに気づいてもよさそうだが、彼は全く知らないと答えた。彼は7ヶ月でここにビルを建てることを任されている。Amanda's Orchardsの新ヘッドクォーターが出来るそうだ。彼が関わっているのか、見たことを隠しているのか。捜査が進めば分かってくる事だろう。

Calleigh: Well, we may be back for a visit.

エリックとライアン。空になっていた貴重品ボックスを回収し、指紋が付いていないか調べる。結果、沢山の指紋が見つかった。支店長からもらったオーナーリストを含め、データベースで検索。容疑者は5人。その中にカーロス・サンティアゴ(Carlos Santiago)の名前がある。彼はデポジットボックスの利用者ではない。さらに少量ながらドラッグ所持で逮捕された前科があった。

エリックは彼の名前を知っていて、彼自身は小物であるものの、コロンビアのボゴタにいる大物とコカの葉の流通ルートを持っている。しかし、それは話にあるだけで、コカイン販売の方での逮捕には至らなかった。

ホレイショが話を聞く。サンティアゴは今や足を洗い、アートディーラをやっていた。お金も沢山稼いでいるし、法に触れるようなことはしていない。リストに名前がなかったのも会社名義で登録しているためで、今回の件については被害者であると主張した。しかし、何をとられたかは話そうとしない。

Santiago: I'm helpful. To a point.
Horatio: That is going to change, Carlos.

解剖室。アレックスはキャリーを呼び出した。フルオロスコープで調べたところ、肋骨に弾丸が埋まっているのが見つかった。9ミリ口径のもの。歪みすぎていて誰のものであるかまで特定する事は出来ないが、ロリはトンネルの崩落によって死んだのではないことは分かる。彼女は逃げる途中で撃たれて殺された。また、彼女の下着には精液が付着していた。犯人を絞る上での大きなヒントになるか。

マキシンが得られたDNAをデータベース検索にかけた。

Maxine: Charles Brighton. The Charles Brighton?

彼はオレンジジュースの会社Amanda's Orchardsで"gazillionaire"にのしあがった男。

Maxine: You know, that little girl in the ads, "squeeze out every drop of goodness."

例の工事現場には、会社の新たなビルが建てられようとしていた。彼から事情を聞く。

エリックが彼の屋敷に来ると、庭には一人の女性がいた。彼が毎日の様に飲んでいたオレンジジュースには小さな頃の彼女の顔が載っている。父親を探している理由を聞かれたが、娘と言えども事件に関わる情報は漏らす事は出来ない。婚約していると指輪を見せる彼女の笑顔にsqueeze outされそうになったが、エリックは秘密は守り通した。チャールズの居場所は、港の倉庫。ホレイショに連絡した。

彼は強盗については何も知らないと否定した。そこでロリの死体写真を見せた。彼女とセックスした関係にあり、彼の土地から銀行強盗に入ったことは確かである。彼女と出会ったのは1ヶ月前。現場にいた彼のところに、向かいの銀行で働いていると言って近づいてきた。自己紹介と称して彼を誘惑したのは、強盗に入るための場所を得るためだった。

2年前に妻と死別して以来、初めて誰かと付き合ったのが彼女。金目的で近寄ってくる他の女とは違うと思ったが、結果はよりひどいものになった。失意の彼は、出来る事があれば手伝うと捜査には極めて好意的である。

キャリーは、強盗に用いられた爆破方法を解析した。ブレスミントが入れられている錫缶、9Vの電池、導線。どこででも手に入るものばかり。少量の爆薬を詰め込んだ爆弾を各ボックスにセット。そこに導線をつなぎ、電池で電流を送り込んで爆破。単純な材料だが、それなりの知識を要する。

ワイアは4重にくるまれ、逆時計回りの向き。起爆装置はブレスミントの缶を使っている。ライアンがパトロールをしていた頃、倉庫が荒らされた事件があり、同じ手口が使われていた。昔のボスに聞いて、名前を教えてもらう。

メイズ(Mays)の車から爆破に使われたと思われる材料が見つかった。同時にダイアモンドのネックレス。彼女へのプレゼントだと言い訳したが、株券まであった。これは自分が投資したと言っている。彼は盗みに入ることをなんとも思っていないが、今回は死人が出ている。当然、彼に殺人の容疑がかかっている。

彼は銀行に入った後、物品を盗み出して逃走。その時には彼女の死体があった。さらに目の前に車が落下したのを目撃した。しかし、誰が彼女を殺したのかまでは知らないと言う。重罪を犯す途中に誰かが死ねば、同時に殺人罪にも問われる。強盗が彼一人の犯行なら、その罪を背負うのは彼になる。

彼は仲間の一人だったと告白した。ロリが雇ったダン・カークランド(Dan Kirkland)という男。彼と盗んだものを山分けするために彼女を殺したのかと思いきや、彼は全部をメイズに渡した。持って行ったのはバッグから盗み取ったただ1品。メイズは大したものではないと考えていたので、気づかぬふりをして金目の物をもらった。中身は知らない。

告白したが、当然強盗の罪が消えるわけではない。ライアンはノートを差し出した。

Ryan: You're gonna write your confession, and I'll tell you what... you can even sign it.

彼の爆弾製造法はサイン代わりだが、今回は正式に紙に書いてもらう。

ナターリアはフランクに連絡し、カークランドの家にいるからすぐにここに来るように伝えた。銃を携帯しているものの、不安な部分はある。中から彼が出てきた。止まるように命じたが、腰に銃を持ち無言のまま彼女に近づいてくる。緊張した面持ちで銃を構えるナターリア。心臓の鼓動が高まる。両手を頭の上につけるように言うと、彼は両手を挙げるフリをして、銃に手をかけようとした。

彼女は一発で彼の右肩を撃ち抜いた。練習の成果はあったようだ。フランクが到着し、救急チームを要請。彼女は現場に来たホレイショに事情を話した。銃を持っていた相手に対するもので、命の危険があった。正当防衛。

カークランドが持っていたのはコルトの45ミリ口径。ロリを殺したものとは違っている。未だ凶器の足取りはつかめず、彼が盗んだ物も何か分からないまま。自身の起こした行動に不安になるナターリアだったが、ホレイショは彼女を落ち着かせた。

Horatio: Now, listen to me. I don't want you to worry. Okay?

強盗をしている割にカークランドは豪邸に住んでいた。彼の持っている貴重品を集め、どれが金庫から盗まれたのかを特定する。爆弾を作ったメイズが抜き取った物を盗んだので、それには火薬が付着しているはず。

ビデオカメラを装置にセットし、中を覗いて見ると火薬の反応がある。この使い捨てカメラの中身こそがロリが殺された理由だろう。

ラボに持ち帰ってライアンがチェックする。映っていたのはベッドにいるアマンダとカーロスだった。彼女は彼がドラッグロードだと知って付き合っているようだ。彼はこの隠しカメラをデポジットボックスに保管していた。強盗の目的はこれであった事は間違いない。

ホレイショが本人から話を聞く。カーロスは公にする事もさることながら、脅迫に使う事もないと言った。こんなことではブライトンはお金を出さないと言っているが、この世の中、お金だけが流通しているわけではないことは彼自身が一番知っていることだろう。何も話さない彼に頼らず、車の方を調べる事にした。

Horatio: Should I call you a cab?

キャリーが病院を出たばかりのカークランドに話を聞く。一応否定してみたものの、彼の服にはトンネル内の土砂と同じものが付いていたと言ったら、あっさり口を割った。

ロリはトンネルを掘る役として彼を雇った。彼女の目的はビデオカメラのみで、メイズや彼は好きなものを持って行っていい約束だった。そう聞いてカメラに価値があると思った彼は、メイズの目を盗んでポケットに入れた。

彼女にそれがばれた為にロリ殺害と考えられるが、彼は否定した。彼女からトンネル掘りの報酬ももらったのだと言う。しかしそのトンネルによってジェフは死んだ。強盗罪と共にその罪を問われる事になる。

ロリがカメラを狙っていた事は確認できた。それによって彼女が殺害されたのなら、その重要性に大きく関わる人間を探さなければならない。アマンダは婚約者がいながらカーロスと関係を持っていた。婚約指輪は特大のダイアモンド。知られてはいけない人間に知られてしまうのを恐れたのか。

Calleigh: Then I think it's time we talked to America's sweetheart.

エリックが聴取。強盗はおろか、サンティアゴの名前を出しても知らないフリをしている。ビデオテープについて話したところで、ようやく語り始めた。

2年前、母親が亡くなって精神的に参っていた頃、彼と出会った。傷ついた彼女を癒してくれた彼と、一度きりの過ちを犯した。それを婚約者に知られたくないから強盗を思いついたと考えられるが、彼女は一切を否定。事件に関わっていないから捜査には全面協力すると申し出た。現場についていたタイヤと彼女の車を照合することにも合意した。

サンティアゴのタイヤは建設現場のものとは違っていた。つづいてアマンダの車。マッチした。彼女の車が逃走に使われたのは証明された。次に、誰が乗っていたかを特定するために内部を調べる。

内部は見事に拭き取られているように見えるが、アクセルにオイルらしきものが付いている。琥珀色で、きつい臭い。エリックが自ら分析することにした。

ケロシンとパラフィン系オイルの留出物。臭いはケロシンによるものだが、洗浄液、溶剤、塗料と用途は多い。二つを組み合わせて使われると、水に不溶のバリアの様な働きをする。その特性を生かせる場所と言えば、コンクリートを流し込む工事現場。

キャリー達が責任者から話を聞きに行った時、彼はトンネルの入り口から離れた場所でコンクリートを流し込んでいた。アマンダがロリを殺害したとして、どうして入り口から遠いその場所に行ってから車に乗ったのか。凶器を捨てに行ったからだと思われる。

やはりファレルのところに戻ってくる事になった。固まったコンクリートを破壊できないと言うので、探知機を利用する。不満があるようだが、令状を取ることくらい何でもない。彼の表情は強張っている。ライアンが機械を進めていくと、双曲線状の反応が出た。地下18インチ。実際に掘り起こしてみる。ビンゴ。銃が出てきた。

銃があったことも、人を撃ったことも否定しているが、それを決めるのは彼ではない。フランクが銃の所有者をデータベースから調べた。

Horatio: You know, Mr. Brighton, everybody has secrets, and sometimes, we attempt to conceal them.

サンティアゴは、チャールズを脅迫していた。小さな会社からここまで育て上げてきた企業のイメージを一人の男によって壊される。彼はロリを雇い入れ、テープを盗んでもらう事にした。計画を立てたのは彼女。メイズとカークランドを雇ったのも彼女である。

チャールズはテープを受け取るため、アマンダの車で入り口に向かった。そこで唯一全ての真実を知っている彼女を殺して、秘密を守る事にした。彼女が死んだ後、上から車が落下して来た。慌てて地上に上がり、ドラム缶で入り口を封鎖。コンクリートが流し込まれる予定場所のシートをめくり、銃を埋めた。結局テープを回収することなく、戻ってくる羽目になった。

サンティアゴに脅迫され、自分の会社がドラッグに飲み込まれていくのが許せなかった。それでも彼ではなくロリを殺してしまった罪は重い。チャールズ・ブライトン、逮捕。

Horaito: Say good-bye to Andy Warhol, huh, Carlos?

全ての事件が解決したわけではない。埠頭にある会社の倉庫に来た。そこにはカーロスがいる。オレンジを運ぶ木箱を破壊すると、底には白い粉の詰まった袋がギッシリ詰められていた。

Horatio: You're gonna pay for your sins, Carlos.
Santiago: This is way above your head, lieutenant.
Horatio: It is a skill I've perfected, Carlos. Take him.

倉庫の壁には微笑んだアマンダの写真がある。ホレイショはオレンジを1つ拾い上げた。ドラッグの移送に使われ、汚れてしまったそれを木箱の中に投げ捨てた。

[END]

[感想]

おーーー。John Schneiderだ。久々に見た。ジョナサンが死んで以来見かけなかったが、相変わらずカッコイイな(Smallvilleを見ている人限定)。さらにHouseからコール役のEdi Gathegi。見た顔が揃うとちょっと面白い。

内容としては普通だったものの、まとまりがあって面白かった。ナターリアの件があるけど、アレは大丈夫でしょうね。それよりアレックスの出番が極端に少ないのが気になった。マキシンが出てきたのは良かったけど。

そういや冒頭のシーンは何の関係もなかったんですね。最後までなんかあるんじゃないと思ってたんですが。あとファレルも。何かあります、って感じだったのに。サンティアゴはまた出てくるのかな。ボゴタとのつながりを追うとか。

また来週~♪

---
Writer: Tamara Jaron, Tamara Jaron
Director: Karen Gaviola, Karen Gaviola

Star:
Rex Linn as Frank Tripp
Jonathan Togo as Ryan Wolfe
Emily Procter as Calleigh Duquesne
David Caruso as Horatio Caine
Khandi Alexander as CAlexx Woods
Adam Rodriguez as Eric "Delko" Delektorsky
Eva La Rue as Natalia Boa Vista
Boti Bliss as Maxine Valera

Guest Star:
Matt Bushell as Matt Bushell
Michael DeLorenzo as Carlos Santiago
Kaitlin Doubleday as Amanda Brighton
Edi Gathegi as Freddie Mays
Tom Hines as Steve
Lamont Johnson as Keith Farrell
Antal Kalik as Jeff Gibson
Nicole Randall as Lori Stoltz
John Schneider as Charles Brighton
Tom Virtue as Richard Cyrus

©MMVII, CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。