TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[BONES] シーズン3第14話。超ネタバレ。



Bones


【事件】

Th Checker Box Restaurantではいつものように客が歌を歌っていた。そこでNickelbackの"Faraway"を歌った男がいる。客の女性やスカウトは彼の歌声に耳を傾けた。それを見ている別の男たちはイライラしている。彼が歌い終わり、クリス・カルバサ(Chris Calbasa)の順番になった。彼もまた怒った表情で曲を盗られたと敵意をむき出しにした。その後、先ほどの男は死体となって見つかった。


【ブース: アレルギー】

FBIチームは死体発見現場に来た。この辺りはカットグラスが生息する茂み。ブースはくしゃみが止まらなくなった。

Bones: Particles from the cut grass are causing his mast cells to release inflammatory mediators.
Booth: It's just allergies, Bones.
Bones: Yeah, that's what I said.

狙撃部隊にいた頃、砂漠に配属されていたので全く影響は出なかったそうだ。


【ボーンズとカミール: 現場での遺体分析】

1. ほとんどの骨が折れている。
2. 骨盤から男性だと分かる。
3. 腐食具合から死後2,3週間。死んだ状態で捨てられたのか、ここで死んだのかは不明。
4. 死体には頭部がなかった。
5. 少し離れた場所に置かれていた草刈り機にそれはあった。椎骨C-5から切断され、その勢いでグリル部分に激突。

彼は殺害され、首を落とされた上に草に覆われていた。

Booth: Wow, could it get any worse for this guy?


【ザックとカミールとホッジス: ジェファソニアンでの遺体の分析】

1. 骨密度は高く、筋肉も同様であることからアスリートである可能性が高い。
2. 胃の中には紅茶、蜂蜜、のど飴の残留物があった。
3. 腕時計は心拍する、消費カロリー、速度、距離も測れる優れもの。

ちなみにザックはトレッドミルを30分、腕立て・腹筋・腿上げ100回、フリーウェイト20分をやっているそうである。

Zack: I'm deceptively strong.
Camile: I'm deceived.

歯科学の線から身元が判明。トミー・サウアー(Tommy Sour)。2週間前から行方不明になっていた。


【ブースとボーンズ: 報告者】

二人は彼の捜索願を出したマシューズ(Matthews)の家に来た。サウアーとは同じ部屋に住んでいたものの、ほとんど彼の事を知らない。郵便物が溜まり、部屋のアラームが鳴りっぱなしになったのでやむなく警察に報告に行った。

実はマシューズは「あまり」彼の事を知らないだけで、ゴミ出しをしたり話をしたりした事もある。怪しい人物と言えば、"Fat Pam"。トミーはジムで働いていて、彼女のトレイナーをしていた。こういう呼び方をしている辺り、あまりいい人間ではない。

Bones: You mean overweight. Fat is a deposit found beneath the skin. It consists of lipids.

彼女はジムからトミーのことをつけるようになり、彼の部屋を外から見ていたこともあった。それが一月前になると、玄関のドアを叩くまでになった。しかも下着とヒールのみ。

Booth: So, were they, um... you know... did they...?
Bones: Did they have sexual intercourse?

さすがにそういうことがあれば隣人なので分かる。答えはノー。ブースは手を叩いて急かすようにボーンズを連れて帰っていった。

Matthews: Hey, maybe you could go turn the alarm off or just shoot it.


【ザック、カミール: 骨の分析2】

C-5は舌骨の下に来ていて、全面部分をチーズスライサーの様なもので削ったようになっている。ナイフで喉を切られたと推測されるが、顕微鏡で見ても一切傷がないほどきれいなまま。チーズスライサーでは話に整合性がないので、他の可能性を探る。


【ブースとボーンズ: ジム】

ここに来ている人達は、健康に気を使っていると言う人だけでなく、見た目を若くキレイに保ちたいと思っている人もいる。

Bones: You are ogling that woman.
Booth: What? No, I'm not. I'm just...
Bones: Yes, you are.
Booth: I'm – I'm just, um... admiring her routine.

マネージャのジェイソン(Dr. Jason)から話を聞く。ここで一番の人気トレイナーであるトミーが来ないと言うので、苦情が沢山来ていた。パムについては名前をパム・ヌーナン(Nunan)と言い、2時間セッションを現金で支払ってくれた良い客だった。ところが彼を好きになってからは、彼に必要以上に触ってみたり、カリビアンクルーズに誘ってみたりして困らせていた。

二人は彼女の住所を聞きだすことが出来た。それにしてもさっきの女性。

Bones: Booth.
Booth: Yeah?
Bones: That does not help the investigation.


【ボーンズとブース: パム・ヌーナン】

彼女はトミーの写真が沢山入ったアルバムを持ってきた。しかしどれも遠くから撮ったものばかり。彼はシャイだからと言っているが、彼女の言葉は独りよがりなものだった。自分の体型を差し置いてボーンズを"scarecrow"や"scrawny"だと言ってみたり、彼は私の事を愛しているから結婚するのだとまで言っている。

FBIのオフィスに呼ばれたのは、彼が何かしたからだと考えていたのだが、彼が殺されたと知ってショックを受けていた。


【ブース: 取調べ】

部屋の外ではボーンズとスウィーツがいる。彼はパムがTrail mixをナプキンに並べているのを見て、ナーヴァスになっているのだと分析。自分ではどうしようもない状況を何とかしようとしていると言う彼に対し、単に待たされて飽きているだけだというボーンズ。

ブースが部屋に入るとパムは退屈からやったのだと言った。大丈夫なのかスウィーツ。彼女はトミーに愛されていた証拠として、クリスマスにもらった彼女の名前入りブレスレットを見せた。これだけだと付回されているのを嫌がっていないと思われるが、ブースは先に彼女が何をあげたのか聞いた。

ミュージックセンターで使える1000ドル分の商品券(gift certificate)。音楽好きの彼に対するものだが、随分高いものをプレゼントした。スウィーツは、本気で彼が結婚してくれると信じていた彼女が、自分の下を離れさせないように取った行動が殺人である可能性を示唆した。

プロの歌手を目指している彼のためなら何でもやる。彼は自分のものだからと言う彼女。彼が失踪したのは2週間前。彼女は先月から2日前までフロリダの両親の家にいた。トミーとの結婚式を計画するためだと言うのだ。ブースはそれを確認するため、その家の住所を書かせた。

落ち込む彼女の方を叩くブース。

Dr. Sweets: No, no, no, don't touch her.


【ブース: 危険?】

両親に電話したところ、話の確認は取れた。一度も会ったことがない未来の息子が死んで、相当落ち込んでいるらしい。アリバイは証明されたが、スウィーツは彼女が危険であることに変わりはないと忠告した。アリバイがある以上、再び子供の考えだとなめられる彼。

仕方ないので火曜日4時のセッションでお返しする事にした。

Dr. Sweets: Trust exercises. You're going to be there.


【カミール: 毒物検査】

血液中からTHC(Tetrahydrocannabinol)が検出された。マリワナを吸っていたものと思われる。さらに彼の血液はE. Coli(大腸菌)に感染していた。濃度からして死後1時間以内に感染した推測できる。CDC(Centers for Disease Control and Prevention)に大腸菌発生の記録を調べてもらったところ、最近起きたのはヴァージニア州のThe Checker Box Restaurantとのことだった。


【ブースとボーンズ: Check the Checker Box】

今日もOpen Mike Nightが開かれていた。毎週月曜と火曜日に行われている。支配人から話を聞く。

彼もサウアーが死んだことは知らなかったらしく、客を呼べる才能のある彼を失って残念がっている。客もみんな彼の事が好きで、当日の異変には特に気づかなかった。

Booth: Everybody thinks they're the next Kelly Clarkson.
Manager: Yeah, you got that right.
Bones: Who's Kelly Clarkson?
Booth: American Idol, "Because of You."
Bones: Because of me?
Booth: Never mind, okay?

もちろん放送局はFOXである。

クリスがトミーの敵だと言うことは支配人も知っている。スカウトが来ている前で自分が歌うはずだった曲を盗られて、"Piano Man"を歌う羽目になった。歌い終わった後、トミーを捕まえてもめ始めたので外に行くよう命じた。駐車場の方に二人が行って以来、トミーの姿を見かけなくなった。


【ブースとボーンズ: クリスの話】

サウアーはフィットネスの客をここに集めて、応援させていた。さらに別の人間が歌う時は話をさせて妨害。さらに自分宛に書いた100万ドルの小切手を見せたり、歌っている様子を録画させていた。

という話の途中だが、ボーンズは歌っている人に完全に気がいっている。

Bones: This guy is good.
Booth: Thank you, Paula.

自分が歌うはずだった曲をわざと歌ったトミーに腹を立てて口論になったことは認めた。しかし彼を外に追い出しただけで、そのまま中に戻ってスカウトに自己紹介したのだと言う。


【ブースとボーンズ: スカウトの正体】

ブースはスカウトがいる席に行って、彼が取っているメモを調べた。そこには評価どころか、絵が描かれているのみ。マネージャと共に外に連れ出して話を聞くことになった。

これは嘘だった。彼はミッチ(Mitch)にスーツを着させて席でノートを取るフリをさせていた。スカウトがいれば自分の才能を見つけてもらいたいと参加者が増える。その噂を流したのは支配人だった。ただそれだけだと言うが、自分の将来を賭けて来ている人間にひどい思いをさせたのは事実。

それを知ったトミーが彼らに詰め寄ったのか。しかしトミーはこの事を知らないと否定した。他にこの事を知っている人間もいない。ブースは同じ事を繰り返せば逮捕すると警告し、殺人事件の捜査対象になっているから街から出ないように言った。

Bones: They are?
Booth: No, I just don't like them.

スウィーツの予測は当たっていたのか。ボーンズと共に車に乗り込むブースを遠くからパムが撮影していた。


【ホジンズとザック: パヴァロッティ in ジェファソニアン】

骨を完璧なまでに薄く削り取った凶器の特定に苦しんでいるザック。そこに骨を貸して欲しいとホジンズがやって来た。表面に付着した分子を分析するためである。すると、突然ザックが自分が歌をやっていたことを明かした。

両親が友達を作るきっかけになるのではと考え、彼に歌のレッスンを受けさせていた。彼の歌は評判が良く、同じレッスンを受けている生徒の親からも賞賛を受けるほどだった。他の生徒にねたまれるくらいうまかったと言ってももちろんホジンズは信じようとしない。そこで彼は実際に歌ってみた。曲目は、"Love Is A Many-Splendored Thing"。

Angela: Wow! That was... great. That was... great.

気づけば他の部屋から人が集まって来ていて、彼が言ったように皆から絶賛を受けた。ホジンズはひとまずC-5椎骨、舌骨、側頭骨を持ち帰って彼のために調べてくると言って部屋を出た。

Hodgins: Thanks for the concert.

アンジェラ、カミール、そしてガードもご満悦のコンサートだった。


【ボーンズとブース: Better, but...】

30歳を過ぎた人達がこぞってあのバーに来ていたことに呆れているブース。今から歌手を目指すには遅いと言うのだが、目立ちたい人間の心は生まれつきのものだからボーンズはしょうがないのだと言った。人より優れた部分があれば、目立ってくるのは当然のこと。

ブースはスナイパーとして優秀だったし、ブレナンも彼女のフィールドではトップのクラスにいる。分野は違えどお互いの力を認め合っているからこそ、パートナーシップが成り立っている。はずだったのだが、彼女の自慢話で話がこじれた。

ブースよりは頭が切れるし、作家としても売れている。世間はもっと学者や先生の地位を認めるべきだ。俳優やアスリートだけがちやほやされてお金を儲けているのはどうか。そんな彼女を彼はエゴだと呼んでいるが、彼女は全く自覚がないようだ。


【ブース: パムからの電話】

二人で話していると彼女から電話がかかってきた。オフィスに母親だと嘘をついて、彼の番号を教えてもらった。話があるからボーンズ抜きで二人で会いたいと言う彼女に不信感を持ったが、トミーについてだと言うのでひとまずOKした。


【ブース: 異変】

オフィスに来た彼女はいきなりブレナンと付き合っているのかと聞いてきた。さらに息子の写真を見て甥かと尋ねたり、挙げ句には靴下を変えるようにとプレゼントにして持ってきた。さらに彼をシーリーと呼び、トミーについて聞かれると過去の事は忘れると言い始めた。

距離を詰め、母親の話を持ち出すその言動にますます怪しさを感じるブース。彼女は引き上げて行ったが、本当に犯人ではないのだろうか。


【スウィーツ、ブースとボーンズ: Psycology vs Sociology】

スウィーツとボーンズはトミーがMySpaceに公開していたビデオを見ていた。彼はpresentational performerであり、自己のエゴを満たすべく観客から注目を浴びるように一人一人に目で訴えかけるタイプ。スウィーツ曰く、Chumbawambaのようらしい。なつかしい!

(彼らの歌う"Tubthumping"を知らない方は、是非リンクからYouTubeをチェックしてみてください。聞けば知ってるって方も多いのでは?)

人の行動は自分の欲望によって決定されるというスウィーツは、その欲望を知ることで人の本性を知ることが出来るのだと言う。それに対し、人の行動を決めているのは社会だと言うボーンズ。文化と呼ばれる集団によって作られる決まりごとや慣習が人に影響する。ニワトリが先か卵が先かの議論なので、ここでブースが中断。

Sweets: It's just a collegial debate, right?
Bones: Right.


【スウィーツ、ブースとボーンズ: シンディ・ローパー in ジェファソニアン】

パムからプレゼントをもらった事を危惧するスウィーツ。こうして寛大な部分を見せることで、ブースの心をコントロールしようとしている。つまり彼は完全に彼女のターゲットになったのだ。

ビデオにはトミーがCDをリリースするという告知が出ている。曲名は、"I can't do better than you"とある。きっとパムはこの曲だけでなく、彼が書いた歌詞全てを自分のために書いたのだと思い込んで妄想を膨らませていたのだろう。

するとボーンズは13歳の頃、シンディ・ローパーになりたかったのだと言い出した。友達と共に彼女を"Rad"と呼んで憧れていた。さらにボーンズは母親に彼女と同じくらい歌えると誉められ、"Girls just want to have fun"に至っては元より上手く歌えるのだと言ってもらったそうである。

母親に言われても本当か分からないので、実際に歌ってみろと言うブースとスウィーツ。音楽と軽いノリの雰囲気があればやると言うボーンズ。

Booth: Diva! Forensic genius, best-selling author, better than Cyndi Lauper...


【ボーンズとスウィーツ、ブース: 歌とギターと男と女】

トミーが途中から一人の女性の手に触れ、ひざまずいて歌いだした。その隣に座っている男の表情。corrugator muscleにしわがいっている。と言われても良く分からないブース。皺眉筋という眉間の筋肉である。唇を固くし、歯を食いしばっている。彼の行動に対して相当な怒りを示しているのが分かる。さらに彼がギターを弾いているのを見て、ようやくトミーがどうやって死んだのかが分かったとボーンズは言った。


【ボーンズ: 検証】

彼女はギターの弦が凶器だと特定した。ホジンズを犯人、ザックを被害者に見立てて実験する。犯人は弦を持ってトミーを後ろから襲い、そのまま絞殺。喉と気管に切れた跡があるのはこのためである。意識を失った彼は、そのまま前に倒れ、顎から地面に着いた。顎の骨が骨折している事からそれが分かる。

データには彼が抵抗した証拠はない。マリワナでハイになっていて、そうすることができなかったのだろう。落ちる際の力で椎骨が削り取られたと想定できるし、この理論に矛盾点はない。


【ブース: 聴取】

ギターを弾いていたダクス(Dax)から話を聞く。座っていた女性はヘレン(Helen)と言って、彼とは同じ演奏仲間。別の人と結婚もしている。数年前、彼はトミーを自分のトレイナーであるジェイソン・バーグマン(Bergman)に紹介した。ブースが最初に話を聞いたジムのマネージャである。

トミーとジェイソンは自分たちのジムを開くために二人でお金を借りたのだが、トミーはそのお金5万ドルを自分のCD製作費用に使い込んだ。だからダクスは彼を見て怒りが押し殺せなかったのだ。


【ブースとボーンズ: BOLO】

銀行を調べたところ、彼は負債がほぼ全額残っていた。彼のジムに行ったが、同僚からの電話にも出ないのだと言う。このジムを生きがいとしていた彼が休むはずがない。ブースはすぐに一級殺人犯としてバーグマンに対するBOLO(Be On Look Out: 警戒令)を発布した。


【ホジンズ: 凶器】

ボーンズとブースはジェイソンから聴取したが、借金を負った銀行から逃げるためだと言う。昨日の朝から休むことなくオハイオまで行ったいた理由としては正当なものに見える。トミーはお金を使い込んだだけで、依然として借金は二人のものだったから、彼を殺して自分がその全てを背負い込むのは動機として不自然である。

そこに現れたホジンズ。椎骨の分子を解析したところ、フィロケイ酸塩鉱物(phyllosilicate minerals)と酸化アルミニウムであることが分かった。

Booth: What? English?

粘土である。骨からは銀も検出され、そんな粘土を作っているのはClay Globalという会社。彫刻用の粘土に銀粉を混ぜ込んでいる。それはインターネット上で売られていて、トミーの家に発送した記録がある。


【ブースとボーンズ: 家宅捜査】

令状を持ってマシューズの家に来た。芸術家である彼はもちろん粘土を切るためのワイアを持っていた。綿棒でぬぐってLCVにつけると青色に変化。トミー・サウアー殺害容疑で逮捕。

マシューズは最後になって言い訳した。今も鳴り続けるアラーム。昼夜問わず大声で歌の練習をし、それは薄い壁を越えて聞こえてきた。トミーに注意したが聞いてくれなかったので、脅かすつもりでやった。しかし、ハイになっていた彼は抵抗することなくそのまま崩れ落ち、結果的に死んでしまった。

死亡のきっかけはマシューズが作ったものの、最後はマリワナという自らの不始末で死んでしまったことに唖然とするブースとボーンズだった。

Matthews: It was quiet. It was finally quiet.


【The Checker Box Restaurant: 事件の後で】

ブースはアンジェラやスウィーツ達が待つレストランにボーンズを呼び出した。彼女が言っている音楽や軽い感じの雰囲気がここにはある。もちろんスカウトもいない。それでも戸惑う彼女に、スウィーツは言った。

Sweets: You're very controlled, Dr. Brennan. I think it'd be a good idea for you to let yourself go.

彼は彼女の後に"Lime in the Coconut"を歌う予定になっている。異常心理学の成績同様、素晴らしいものになるらしい。

Sweets: Trust yourself, trust your friends, let 'er rip. Let's hear it.

歌うのはもちろん"Girls Just Wanna Have Fun"。嬉しそうに歌う彼女にあわせて踊るブース。そこにパムが現れた。彼がボーンズを見る姿を見て、彼女に銃を向ける。パムの声に気づいたブースは、身を挺して彼女を守った。

胸を撃たれて彼は倒れた。ボーンズは彼の銃でパムを射殺。反応のないブースに彼女は何度も呼びかけた。

Bones: It's gonna be fine. Come on, Booth. Come on, Booth, no.

[END]

[感想]

と、ここでフィナーレかと思いきやもう1週あるんですね。すでに放送済みですが。

Eric Milleganは歌上手かったですねー。それとは対照的にEmily Deschanelがちょっと。あれはBonesというキャラクタを考慮しているだけ?

話は面白いんですが、ちょっとクオリティが下がってきている気もします。今秋からは水曜日8時、来年から金曜8時に移動となりそれぞれ"Knight Rider"、"Ghost Whisperer"の裏になります。数字が下がってDVD人気で保つってパターンになるのかな。

好きなキャラクタがワイワイやっているのはファンにとっては面白いけど、それだけでは厳しいかも。"Dollhouse"や"Fringe"が入ってきて定着すれば、近いうちに終了となるような気がします。

それではまたー。次回がシーズンフィナーレです。衝撃です。

---
Star:
Tamara Taylor as Dr. Camille Saroyan
Eric Millegan as Dr. Zack Addy
Emily Deschanel as Dr. Temperance Brennan
David Boreanaz as Special Agent Seeley Booth
John Francis Daley as Dr. Lance Sweets
Michaela Conlin as Angela Montenegro
T.J. Thyne as Dr. Jack Hodgins

Guest Star:
Ethan Phillips as Jerry Lincoln
Brandon Rogers as Broadway Wannabe
Jessa French as Emma Von Helberg
Glenn Rosenblum as Piano Man
Kent Faulcon as Dr. Jason Bergman
Christina Ulloa as Helen
Ian Reed Kesler as Chris Calabasa
Joshua Weinstein as Mitchell
Jennifer Hasty as Pam Nunan
Corbin Allred as Adam Matthews
Geoff Meed as Dax
Ace Young as Tommy Sour

Music:
"Girls Just Wanna Have Fun" by Cyndi Lauper
"Far Away" by Nickelback

™FOX.com and ©FOX and its related entities. All Rights Reserved.
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。