TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イスラエル発のサイコセラピストを描いたドラマ。ちょっとネタバレしつつのレヴュー。



In Treatment


公式ページ

今年の1月から3ヶ月にわたり、HBOでシーズン1が放送された。Gabriel Byrne演じるサイコセラピストDr. Paul Westonのセッションの模様を描いている。クライアントは毎日一組で、計5人。それに合わせ、毎日放送された。月曜から木曜がセッション、金曜日は彼自身が旧友であり元セラピストのGinaの下を訪れて相談に乗ってもらうことになっている。

先述のように、このドラマはイスラエルで放送された"Betipul"をアメリカ仕様にしたものである。シーズン1は全43話。当初はiTunesやAmazonで購入できたり、HBOでストリーミング視聴できたが、事情により15話目でキャンセルされた。DVDリリースも今年の9月9日の予定だったのを変更し、シーズン2の放送に合わせて来年の秋まで延期された。なのでTiVoった友人から借りて見た。相当薦められたし。

登場人物紹介。

まずは主人公のDr. Weston。妻Kateの間に三人の子供がいるが、彼女との関係は決して良好とは言えない。クライアント(←患者であるpatientではなく、彼はclientと呼んでいる)とのセッションは自宅兼オフィスにて行っていて、これが後々問題へと発展する。

月曜日の患者はLaura。Melissa Georgeが演じる。"Alias"のLauren役で知っている方も多いだろう。Lauraは、30歳の麻酔専門医。Andrewというボーイフレンドがいるのだが、彼女はPaulを男性として見ている。そのため、妻がいる自宅オフィスは危険なのである。彼氏がいるのにバーで知らない男とセックスしたりセラピストであるPaulを好きになったりと、男性に対する問題を抱えている。セラピーに来た理由は、彼女なりの"ultimatum"、「彼と結婚するか、別れるか」の決断を下せないから。

火曜日はAlex。Blair Underwoodが演じる。"The New Adventures of Old Christine"や"Dirty Sexy Money"に出演。Alexは元空軍のパイロットで、コーランを教える学校を爆撃し、16人の子供を殺害した。また、彼は戦地にて殺されたと語り、自分は死んでいると思っている。その体験からセラピストへ通うことになったのだが、彼自身は自分に全く問題がないと感じている。ただ、彼は色んな決定を軍の上司やPaulに求め、自分で物事を決定できない欠点を抱えている。

水曜日はSophine。Mia Wasikowskaが演じる。本作が本格的なTVデビュー。Sophineは体操選手で、ジュニアの国代表。オリンピック出場を夢見ていたが、ある日事故に遭う。それが理由でセラピーに通うことになったのだが、そもそも全く乗り気ではないため、Paulのやり方や話にいちいちケチをつけている。そのせいか常に怒ったような口調であり、自分が望むとおりのことを言ってもらえないと、途端に彼を責め始める。それに加え、子供扱いされるのを非常に嫌う。また、家族とも喧嘩している状態。

木曜日はJakeとAmy。前者はJosh Charles、後者はEmbeth Davidtzが演じる。二人は5年にわたる不妊治療の末、ようやく子供を授かった。ところが、今になって彼女は自分が産むべきなのか迷いが生じた。彼は非常に怒りやすい性格で、そんな彼女の態度に激昂した。そこで彼女はPaulの下を訪れたのだが、彼はPaulに「出産か中絶か」の二択を求めた。それに対し、Paulは迷うくらいならと中絶を選択したのだが、Jakeには「殺人者」と罵られてしまう。これが引き金となり、再びGinaの下を訪れることとなった。

金曜日はGina。Dianne Wiestが演じている。"Law&Order"をご覧の方にはなじみが深い。GinaはPaulのセラピストであり、彼のメンターでもある。9年前に彼は突如として彼女の下を離れ、自分の家で仕事をするようになった。しかし前述のLauraやJakeのようなクライアントが現れ、彼らにどう接していいのか分からなくなり、10年の時を経て再び彼女に助けを求めた。


大体それぞれの1-2日目くらいまでのほんのさわりだけを書きました。各セッションは8-9週かけて行われます。内容を見ればお分かりの通り、すごく暗い感じがします。でも現代人の多くはどこかで心の病を抱えているでしょうし、満たされない部分や自分でどうしていいか分からない部分があると思います。そんな中でサイコセラピストと呼ばれる人が、どのようにセッションを進めてくれるのかが詳細に分かりますし、彼ら自身が抱える問題もうまく描かれていると思います。

イスラエルでは空前のヒットとなり、本作もエミー賞にノミネイトされました(主演男優、助演女優を含む4部門)。さすがはHBOという感じで重厚な作りになっていて、ちょっと重苦しいくらいの雰囲気のドラマを見たい方にはオススメです。

"The Wire"や"Six Feet Under"、"The Sopranos"も輸入されているそうなので、同じくHBOドラマのこの作品も輸入される可能性はあるんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。