TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スーパーナチュラル] シーズン4第2話のリキャプ。


オリヴィア(Olivia)が目を覚ますと、息が白くなっているのに気づいた。ボビーから留守電が入っているので、彼の知り合いの女性だと思われる。そんな彼女だからすぐにEMFをチェックし、反応しているのを見て奥から特殊中を取ってきてシャカシャカっと準備した。

まず現れたのは、彼女の知り合いの男のようだ。バンと銃を撃ったら黒い煙になった。隙を見て塩を撒く。ところが彼はまたすぐに現れた。と同時に後ろにも女が立っている。しかし、オリヴィアは銃を撃つ前に殺されてしまった。


Supernatural


ディーンはカスティエルの話をボビーやサミーにした。サミーはリリスも恐れるナイフが効かなかったくらいなので、あっさり信じた。でもディーンはまだデーモンの類だと言って疑っている。そこでボビーは1枚の絵を見せた。天使が地獄から魂を引き上げているものである。

サミーはますます信じたが、ディーンは「お次は神でもおるんかい」と全く信用していない。

Sam: Okay, look. I know you're not all choirboy about this stuff, but this is becoming less and less about faith and more and more about proof.
Dean: Proof?
Sam: Yes.
Dean: Proof that there's a God out there that actually gives a
crap about me personally? I'm sorry, but I'm not buying it.
Sam: Why not?
Dean: Because why me? If there is a God out there, why would he give a crap about me? I mean, I've saved some people, okay? I figured that made up for the stealing, dish and chicks, but why do I deserve to get saved? I'm just a regular guy.
Sam: Apparently, you're a regular guy that's important to the man upstairs.
Dean: Well, that creeps me out. I mean, I don't like getting singled out at birthday parties, much less by God.
Sam: Okay, well, too bad, Dean, because I think he wants you to strap on your party hat.
Dean: All right. What do we know about angels?
Bobby: Start reading.

ボビーはぶぁっつぃ本を差し出した。

Dean: You're gonna get me some pie.
Sam: Yes, Dean, I'll get the chips.


サムが店に来ると、ルビーが見えた。彼女はすでにディーンがエンジェルに助けられたことを耳にしており、自分はデーモンだからと大変怯えていた。「エンジェルに会ったことないし、会いたいとも思わない」と言って、今回の件から手を引くらしい。

Ruby: All I know is that they scare the holy hell out of me. Watch yourself, Sam.
Sam: I'm not scared of angels.


ボビーの元に戻ると、天使のことで情報をもらおうとしていたハンターのオリヴィアから3日ほど連絡がないので、彼女の様子を見に行くことになった。車に乗ったディーンがサムの買い物袋を見ると、パイが入ってなかった。ほんとにチップスだけ買ってきやがった。

3人が家に着くと、彼女の無残な死体が床に転がっていた。塩やEMFメーターからスピリットと戦ったことがすぐに分かる。ボビーはこの近くにいるハンター仲間に電話したが、誰にも繋がらなかった。彼はすごくショックを受けている。


3人は手分けしてハンターの家に行った。いずれも殺されており、オリヴィアよりひどくやられていた。お互いに連絡を取り合った後、再び合流することにした。その帰り道、兄弟はガススタンドに立ち寄った。寝ているディーンを車に残し、サムは店のレストルームに入った。すると息が白くなる。目の前の鏡も凍った。それを手でふき取ると、後ろにヘンリクセンが写っていた!

彼はあの時死んだ。

Henricksen: You wouldn't have left half a dozen innocent people in that police station to die in your place. You did this to me. It was your fault. She was after you, and I paid the price. You left us there to die!

いきなり襲われた。サムはなすすべなくやられたが、ディーンが銃をぶっ放して一瞬で解決した。スピリット本体にあのパワーは使えないのだろうか。一方のボビーも幼い姉妹のリヴェンジ・スピリットに襲われている最中で、兄弟の電話にも出なかった。


家に戻った兄弟だったが、ボビーの姿がない。サムは外を、ディーンは2階を捜索する。ディーンが上に来ると、1つの扉を除いて全てのドアが勝手にしまった。開いた扉の方に歩いていくと、後ろから彼の前にもリヴェンジ・スピリットが登場。


Meg


Sprit: Dean Winchester. Still so bossy. You don't recognize me? This is what I looked like before that demon cut off my hair and dressed me like a slut. Dean.
Dean: Meg?

彼の前に現れたのは、姿がすっかり変わったメグだった。

Meg: It's okay. I'm not demon.
Dean: You're the girl the demon possessed.
Meg: Meg Masters. Nice to finally talk to you when I'm not, you know, choking on my own blood. It's okay. Seriously, I'm just a college girl. Sorry... was. I was walking home one night and got jumped by all this smoke. Next thing you know, I'm a prisoner... in here. Now, I was awake. I had to watch while she murdered people.
Dean: I'm sorry.
Meg: Oh, yeah? So sorry you had me thrown off a building.
Dean: Well, we thought–
Meg: No, you didn't think! I kept waiting, praying! I was trapped in there screaming at you! "Just help me, please!" You're supposed to help people, Dean. Why didn't you help me?
Dean: I'm sorry.
Meg: Stop saying you're sorry!

メグはディーンをぶん殴った。彼は知らなかったと言い訳したが、彼女の怒りは収まらない。

Meg: You think you're some kind of hero?
Dean: No, I don't.
Meg: You're damn right. Do you have any idea what it's like to be ridden for months by pure evil... while your family has no idea what happened to you?
Dean: We did the best we could.

彼女の手にはブランドが見える。地獄に落ちた人間の証なのか。


ボビーは廃車に閉じ込められ、口を押さえられて動けずにいた。

Sister A: Are you scared, Bobby?
Sister B: We were scared, Bobby. When the monster came for
us... and grabbed us tight.
Sister:A And we couldn't even scream.
Sister B: You were right there, Bobby.
Sister:A You were in the house.
Sister:B You were so close.

姉妹は自分達を救ってくれなかったことを恨みに思っていた。


Meg: It wasn't just me, Dean. I had a sister. A little sister. She worshiped me. You know how little siblings are, right? How they'll do anything for you. She was never the same after I disappeared. She just... she just got lost. And when my body was lying in the morgue beat-up, broken...
Dean: Meg.
Meg: Do you know what that did to her? She killed herself! Because of you, Dean! Because all you were thinking about was your family, your revenge, and your demons! 50 words of Latin a little sooner, and I'd still be alive. My baby sister would still be alive. That blood is on your hands, Dean!
Dean: You're right.


サムはボビーを発見。間一髪間に合った。持っていた鉄製の武器をブンと振り回すと、黒い煙となって消えた。一方、ボコボコにやられたディーンも、鉄製のライトに銃をぶっ放し、それがメグに当たって彼女も消えた。


3人は無事合流。どうやら自分達が過去に救えなかった人間が襲ってきていることは分かった。共通点は例のブランド。あれはヘンリクセンにもあったらしい。サムがメモにその絵を描くと、ディーンは同じものだと確認。ボビーも過去に見たことがある。

ここにいては危険なので、3人はボビーが安全だという場所に移動した。鉄の扉にペンタグラム。すべて塩でコーティングされている。

Bobby: 100% ghost-proof.
Sam: You built a panic room?
Bobby: I had a weekend off.
Dean: Bobby.
Bobby: What?
Dean: You're awesome.


Gal


ディーンは作業をしながら考えた。自分みたいな人間に悪い事が起きるのは分かるが、神が本当にいるなら、どうしていい人間に悪い事が起きるのか。彼らは神がいないために救われなかったのではないか。これは宗教の一番難しい部分である。

ボビーがブランドの絵を発見。それは"Mark of the Witness"と呼ばれるものらしい。今回出てきた彼らは、普通の死に方をしたわけではない。アンナチュラルなものに殺された。そして今になり、何者かによって無理やり目覚めさせられた。ただ起きただけでなく、怒りに満ち溢れた状態になっている。それをやったのは誰かは分からないが、強力な呪文を使ったことにより、あのようなブランドが魂についてしまった。

Bobby: Whoever did this had big plans. It's called "the Rising
of the Witnesses." It figures into an ancient prophecy.
Dean: Wait, wait. What book is that prophecy from?
Bobby: Well, the widely distributed version's just for tourists, you know. But long story short: Revelations. This is a sign, boys.
Dean&Sam: A sign of what?
Bobby: The Apocalypse.

ヨハネの黙示録。

Dean: The four horsemen, pestilence, $5-a-gallon-gas apocalypse?
Bobby: That's the one. The Rise of the Witnesses is a mile marker.
Sam: Okay ,so, what do we do now?
Dean: Road trip. Grand canyon, Star Trek experience. Bunny ranch.

ハハ!今シーズンはエロエロだな、兄貴。冗談を言っている場合ではない。

Bobby: First things first. How about we survive our friends out there?

一応、ウィットネスを眠りにつかせる呪文は存在する。ボビーがこれを訳し、それを炎ごしに唱えなければならない。それはここにはないので、武器を装備して暖炉のある書斎に移動する。

するとロナルドが現れた。シーズン2の第14話目で、兄弟と共にシェイプシフターを探していたのだが、途中でSWATに撃たれて殺された。ディーンが助けてくれなかったから死んだと襲ってきたので、慌てて銃を撃った。

Bobby: If you're gonna shoot, shoot. Don't talk.

書斎に到着した3人は、準備を始める。赤のhex boxにcutlery drawer、hemlock、opium、wormwoodを用意する。ディーンはアヘン(opium)にビックリしたが、それも必要らしい。

サムが2階に上がると、メグが現れた。

Meg: You know what really pisses me off, Sam? You saw how I suffered for months. I thought you must have learned something. I thought I died for something.
Sam: Meg.
Meg: But what you're doing with that demon, Ruby. How many innocent bodies has ruby burned through for kicks? How many girls just like me? And you don't send her back to hell? You're a monster!

彼はそれでも彼女に銃を放った。


ディーンの元にはヘンリクセンが。

Dean: Victor.
Henricksen: Dean.
Dean: I know.
Henricksen: No. You don't.
Dean: It's my fault you're dead. I left you behind. And the minute I heard about that explosion, I thought, "I should have known. I should have protected you."

隙を見て銃を取ろうとしたが、先手を打たれて失敗。気づかれていた。そして、彼の口からあの時何があったのか、悲惨な出来事が語られる。

Henricksen: Nah-uh. Not so fast. You think you left and Lilith came and we all died in a beautiful blast of white light? If only. 45 minutes.
Dean: What?
Henricksen: Over 45 minutes. Lilith said she wanted to have some fun. The secretary was first. Remember her? Nancy, the virgin. Lilith filleted Nancy's skin off piece by piece right in front of us, made us watch. Nancy never stopped screaming.
Dean: No.
Henricksen: That was the last.
Dean: Victor...

ディーンは腹を突き刺された。後ろからサムが銃を撃ってヘンリクセンの姿は消えた。材料がそろい、いざボビーが呪文を唱え始めると窓や扉が開いてゴーストが総登場。兄弟が銃を撃って時間を稼ぐ。

途中で弾が切れ、鉄の武器で応戦。ところが油断した隙にボビーがメグにやられた。持っていた儀式の品を落としそうになったが、ディーンが間一髪拾って暖炉に投げ込んだ。戦いは決着した。


ディーンが目を覚ますと、そこにはカスティエルがいた。

Castiel: Excellent job with the Witnesses.
Dean: You were hip to all this?
Castiel: I was, uh, made aware.
Dean: Well, thanks a lot for the angelic assistance. You know, I almost got my heart ripped out of my chest.
Castiel: But you didn't.
Dean: I thought angels were supposed to be guardians. Fluffy wings, halos, you know, Michael Landon. Not dicks.
Castiel: Read the Bible. Angels are warriors of God. I'm a soldier.
Dean: Yeah? Then, why didn't you fight?
Castiel: I'm not here to perch on your shoulder. We had larger concerns.
Dean: Concerns? There were people getting torn to shreds down here! And,by the way,while all this is going on, where the hell is your boss, huh, if there is a God?
Castiel: There's a God.
Dean: I'm not convinced. 'Cause if there's a God, what the hell is he waiting for, huh? Genocide? Monsters roaming the earth? The freaking apocalypse? At what point does he lift a damn finger And help the poor bastards that are stuck down here?
Castiel: The Lord works ...
Dean: If you say "mysterious ways," so help me, I will kick your ass.

神の存在を信じない、というより認められないディーンは、天使にその考えをぶつけた。

Dean: So, Bobby was right... about the witnesses. This is some kind of a... sign of the Apocalypse.
Castiel: That's why we're here. Big things afoot.
Dean: Do I want to know what kind of things?
Castiel: I sincerely doubt it, but you need to know. The Rising of the Witnesses is one of the 66 seals.
Dean: Okay. I'm guessing that's not a show at Seaworld.
Castiel: Those seals are being broken by Lilith.
Dean: She did the spell. She rose the Witnesses.
Castiel: Mm-hmm. And not just here. 20 other hunters are dead.
Dean: Of course. She picked victims that the hunters couldn't save so that they would barrel right after us.
Castiel: Lilith has a certain sense of humor.
Dean: Well, we put those spirits back to rest.
Castiel: It doesn't matter. The seal was broken.
Dean: Why break the seal anyway?
Castiel: You think of the seals as locks on a door.
Dean: Okay. Last one opens and...
Castiel: Lucifer walks free.
Dean: Lucifer? But I thought Lucifer was just a story they told at demon Sunday school. There's no such thing.
Castiel: Three days ago, you thought there was no such thing as me. Why do you think we're here walking among you now for the first time in 2,000 years?
Dean: To stop Lucifer.
Castiel: That's why we've arrived.
Dean: Well... bang-up job so far. Stellar work with the Witnesses. That's nice.
Castiel: We tried. And there are other battles, other seals. Some we'll win, some we'll lose. This one we lost. Our numbers are not unlimited. Six of my brothers died in the field this week. You think the armies of Heaven should just follow you around? There's a bigger picture here. You should show me some respect. I dragged you out of hell. I can throw you back in.

天使の存在を知った。神の存在を知った。そして今度はルシファー。彼が戦うべき相手は、ルシファーというとんでもない敵だった。


ディーンは今度こそ本当に目を覚ました。

Sam: You all right? What's wrong, Dean?
Dean: So... you got no problem believing in God and angels?
Sam: No, not really.
Dean: So, I guess that means that you believe in the devil.
Sam: Why are you asking me all this?


【感想】

訳すのが相当面倒になったので、ほぼそのまま残しました。放送を見る時は原語のまま日本語を解さず理解できるもんで全く苦にならないんですが、文を書くときは「英語で理解する→脳内でイメージを浮かべる→それを日本語で表現する」という作業をするからメチャクチャしんどい。辞書引いて訳語当てるくらいならいいんですけど、それじゃ意味不明になっちゃう。字幕作る人とか同時通訳の人を心から尊敬します。

ってことで、次回以降はこんな感じでやります。J2の口から出た生の言葉をそのまま理解してやってください。ストーリィは公式サイトのリキャプにある程度の簡単なものにして、小ネタやセリフの方を中心に書きます。エピガイっちゅうか私のノートみたいになっちゃいますけど。

天使が出たら、次はルシファー。リリスは一体何をやってるんだろう。最初はサムを狙っているのかと思ったが、これじゃ神にケンカを売っているじゃないか。スピリット退治はいつもの感じだったけど、この調子じゃ人間界で大戦争になって人類全滅になりはしない?話が馬鹿でかい気がするんですが...

ディーンがカスティエルに言っていたMichael Landonは"Highway to Heaven"で天使の役をやった人です。SeaworldはSan Antonioにもあるんですねー。San Diegoのしか知らなかった。二人も行ったことがあるのかな。それとボビーが持っていた写真は、Bo Derekです。若い頃はPlay Boyの愛読者だったんだな、きっと。

また次回。今週は、カスティエルの"Read the Bible."って真顔で言ったシーンがウケた。

©2008 The CW Television Network
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。