TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ヤングスーパーマン] シーズン8第2話。新スタイルでのリキャプ第1弾。


クラークのデイリー・プラネットでの初日。満足げに出社したのだが...


Clark! What's wrong?


Lois: Well, big points for punctuality, Smallville. But... what's with the wardrobe malfunction?
Clark: What? This is a nice shirt.
Lois: Human Resources is gonna be down here any minute, and you do not want to meet them looking like... the Brawny lumberjack.

これは笑える。Brawnyはペーパータオルの会社で、Brawny Lumberjackというのは包装に載っているマスコットのおにーさん。↓こんな人。


Brawny Lumerjack


というわけで、彼女は同僚から勝手にシャツを借りて彼に着せた。肝心の着替え場所とは...

Lois: No time for the men's room. Let's change in here.
Clark: A phone booth is not exactly pri...

そして。


Clark in blue


ブルーのコスチュームではなくブルーのシャツに着替えてきた。ロイス、しばし見とれる。

しかしこれだけではなかった。社屋が壊れるほどの爆発が起きた。彼はこのままの姿で外の様子を見に行くことに。爆弾が落ちたような惨状の中、バスに閉じ込められている人を発見。ドアをぐわっと開けて乗客を救出。その中に気を失っている女性がいたので、抱きかかえて助け出した。

その彼女はルーサー・コープの新CEOテスだった。

Tess: Guess this must be my stop.


同じく現場に居合わせたのがクローイ。一人の少女ベット(Bette)が血まみれになっているのを見つけ、助けを呼んだ。そこに現れたのが、今シーズンから新たにレギュラーに加わるデイヴィス。


Davis



その後現場で会ったクローイとクラーク。

Chloe: Even a dress shirt can't hide the hero in you, huh, Clark? Heck of a first day at the office.
Clark: Well, that's why I'm there... so I can be around to help more people. Working at the Daily Planet, I'll hear about every crisis as it happens. I just wish thatyou were there with me. You know, now that Lex isn't running things...
Chloe: Yeah. I've spent almost my entire life praying to the gods of journalism. It might be kind of nice to try something new, you know? See how it feels.
Clark: Now you're ready for a change?

クローイ、左手の薬指を見てから、

Chloe: Actually, uh... there's pretty big changes.

クラークはそれに全く気づかない。でもロイスからメールが来たのには気づいた。

Clark: Apparently the goddess of journalism is wondering where I am.


デイリープラネットに戻ったクラーク。待ち構えていたロイスに「警察は死人が出てないから爆弾の誤作動だと考えているみたいだよ」と報告した。しかし、スーパーヒアリングで盗み聞きしたため、情報ソースの名前を聞かれて答えに詰まった。

Lois: Rule number one: always know your source.
Clark: I understand. Look, if you're gonna teach a class on Lois Lane's rules of reporting, I think I'd rather read the cliff notes.

ここで新しく赴任したボスからのお呼び出し。ロイスはてっきり自分だと思っていたが、呼ばれたのはクラークの方だった。

Lois: Well, you're gonna want to clean yourself up. Uh, rule number two: always make a good first impression and don't screw up with the boss.
Clark: I think that's two rules.
Lois: Whatever. Try not to get fired on your first day, okay?


見ている我々は知っているが、クラークはここで初めてボスがテスになったことを知る。
Clark: You're my boss?
Tess: You weren't this shy when I was the damsel in distress, Kent. Don't tell me you're intimidated by a powerful woman.
Clark: No, I just... I'm surprised to see you back at work so soon.

気になることと言えばもう1つ。

Clark: It's unusual, isn't it... for the new C.E.O. Of Luthorcorp to be taking the bus to work?
Tess: I'm going green. You know, doing what I can to save the planet. But, for the sake of the shareholders, let's keep that between ourselves, hmm? Seems we were destined to meet.

彼を呼び出したのは、レックスの行方について何か知っているのではないかと思ったからだった。そこはクラーク。

Clark: The Lex Luthor that I knew disappeared years ago. It's been a long time since we were friends. I don't know what happened to him.

とうまく誤魔化し、

Clark: I saw how this job consumed Lex's life. I'd hate to see the same thing happen to yours.

と残して部屋を出た。だが彼女はすでに見抜いていた。入ってきたアシスタントに「彼は何か隠している」と言い、「彼は自分で監視する」ことにした。




Bette


クローイとデイヴィスによって救われた少女ベット。彼女は両親と暮らしておらず、ストリートキッドであることが分かった。そこでクローイは市のシェルタに預けようとしたが、デイヴィスが10代の少女には危険だとこれに反対。友人の家に預けることを提案した。

ベットはそんなにいい人間がいることを信じられないのか、これを拒否した。そこでクローイは今晩自分の家に泊め、彼のオファーについて考える時間を与えることにした。


事故現場に来たロイスとクラーク。彼女は一人テスに呼ばれたクラークがちょっと気に食わない。

Clark:She just wanted to welcome me aboard.
Lois: Don't try to keep secrets from me, Clark. Tess Mercer is a pit bull in Prada. There's no way she'd roll out the welcome mat for a copyboy, no matter how charming his smile is.

「プラダを着た悪魔」ならぬ「プラダを着たピット・ブル」。

Clark: Lois, you sound like a jealous girlfriend.
Lois: Jealous. Of you? Please, that would be like Willie Mays being jealous of a batboy.

Willie Maysは3000安打を達成した安打製造機みたいな人。クラークのことをルーキーどころかバットボーイ程度にしか見ていないロイスの高慢な感じがカワイイ。

彼女は、立ち入る人間がいないか見張っているオフィサーに「好きな選手のサインをもらってきてあげる」と言ってみたが、完全に無視された。そこでクラークは作業中の警官の会話をスーパーヒアリングで盗み聞き。爆弾の破片も起爆装置も見つからなかったため、爆弾による爆発ではない可能性が強まった。という話を彼女にしてみたが、当然受け入れられず。バスの乗客に話を聞くことになった。


そこでクラークはベットを泊めているクローイの下に行き、メテオシャワーの影響を受けた人間によるものだと話した。するとベットは同じくストリートキッドのトミー(Tommy)が最近メテオロックを発見し、以降、怒ると物を熱してしまうようになったことを話してくれた。

クラークはベットと共に彼が遊んでいる場所に来た。トミーは、二人の姿を見て逃げ出そうとする。追い詰められた彼は危険だから離れるように言って感情的になると、近くの樽缶が爆発して炎上。実はそれを引き起こしたのは彼ではなくベットだったのだが、クラークは気づけなかった。


一連のストーリィをロイスに話したが、検死の結果による確認が欲しいと彼女は言う。とは言っても捜査中の事件であるため、公開されるわけではない。そこで病院内にあるコピーを探すことにした。

Clark: By "find," I'm assuming you mean "steal."
Lois: Rule number three: do whatever it takes to get the story. You really should be writing these down.
Clark: Lois, be careful. There's some lines you shouldn't cross.
Lois: The only line I'm worried about is a byline. And so should you, Clark. We're in this together.

(bylineは署名入りの記事。タイトルの下に"by 誰々"ってのがありますよね。ああいうのです)

クラークは自分もそこに入れてもらえるのかと思ったが、彼女はトミーの死亡記事を任せた。

Lois: Don't be so squeamish. Most of us got started writing want ads. You know what. There was a time when I would have killed for an obit.

だそうです。


デイヴィスは友人の家に空きがあることをクローイに伝えた。彼女は彼をググッたところ、里親の家から逃げ出した経験があるという彼のインタヴュー記事を読み、それで親のいない子供達に優しいのだと知ったと話した。彼女に好意を持っていた彼は、自分のことを調べてくれたと喜んだが、同時に彼女が婚約したことを知る。

Davis: Well, Chloe, I grew up hearing a lot of four-letter words, and "love" wasn't exactly one of them. If you found it, real love, hold on to it. And if anyone tells you that's a cliché I'll personally kick their ass.


病院に侵入したロイスとクラーク。彼女は持参している病院のキーカードであっさり制限区域に侵入。クラークが外で見張りをしていると、そこにデイヴィスが来て「婚約おめでとう」と言う。何のことかと思ったが、彼はクローイの相手がクラークだと勘違いしていた。

Davis: Do me a favor. Don't tell her I said anything.
Clark: I won't reveal my source.


ロイスはトミーの体内からメテオ・ロックが検出されなかったことを知った。さらに彼に金属片が刺さっていることも判明。彼が樽缶を爆破させたのなら、破片は彼より遠ざかるはず。だから彼が犯人ではないのではないかとクラークは考えた。

Lois: Don't clear his name just yet, Sherlock.

確かに彼には前科があり、逮捕記録(rap sheet)を調べると武装強盗や破壊侵入(breaking&entering, B&E)、カージャッキングなどがある。しかし爆破に関するものは一切ない。バスの爆発の時にも彼が死んだ時にも現場にいたのはベット。


クローイが自分の部屋に戻ると、ベットは荷物をまとめて出て行くところだった。ベットは自分を止めようとするクローイの目の前の花瓶を割ってみせた。彼女はルーサーコープに追われていたため、テスが乗ったバスを襲った。さらに追われる羽目になったのはトミーの裏切りによるものだから、その仕返しとして彼を殺した。

クローイは自分も同じところに収容されていたことを明かして説得したが、ベットを危険視する態度からまた裏切られると感じ、彼女を消そうとする。そこに真相に気づいたクラークが登場し、間一髪クローイを救った。

Clark: I just want to help you.
Bette: After everything I've done, why would you want to help a monster like me?
Clark: Because you're not a monster. You've just been led down the wrong path.
Bette: Whenever people find out about me, they get afraid and they try to hurt me. So I have to lie. I have to hide what I am.
Clark: You don't have to anymore. Not from me. We all have something we think we need to hide. It's hard. But it does get better.


ベットはBelle Reveに送られた。しかしクローイは、結局また閉じ込められた生活を送ることになり、同じことになるのではないかと危惧していた。

Clark: Do you think if you knew her sooner, you could have helped her deal with her power? Chloe, sometimes people who need help the most are the ones who push it away the hardest.
Chloe: Which is why someone should be talking to them from day one.

彼女は左手の指輪がなくなっているのに気づいた。ベットに追い詰められた時、階段下に落としていたのだが、それをクラークが拾ってくれていた。

Clark: Is there anything you want to tell me?
Chloe: I was... on my over here this morning to tell you, but... How did you find out? Did Jimmy call you?
Clark: Well, it's rule number... 11: Always protect your source. But I would like the whole story. How long have you been engaged?
Chloe: A week. I said "yes" the night I came back from Montana.
Clark: You could've called... anytime.
Chloe: It's just that... we've been friends for such a long time.
Clark: We're more than just friends, Chloe.
Chloe: When Jimmy and I get married, Things will probably change... Between us, I mean. And I don't know if I'm ready for that just yet. Are you?
Clark: I know that your happiness is one of the most important things in the world to me and that you and Jimmy will have a wonderful life together. Don't worry about anything else.

複雑な表情を浮かべていたクローイだったが、ようやく笑顔が戻った。


Belle Reveに移送される途中のベットの元にテスが来た。一緒に来るように言ったが、「モンタナで実験台にされるよりBelle Reveで監禁された方がマシ」だと拒否した。しかし、テスの真意は違っていた。

Tess: I closed it down. I tried to tell you.
Bette: If you shut down the Thunderdome, then why are you still coming after me?

"Mad Max"シリーズ第3作"Mad Max Beyond Thunderdome"(邦題「マッドマックス/サンダードーム」)より。

彼女はすでにあの場所を閉鎖しており、ベットと似たような力を持ったチームに紹介したいのだと言う。

Tess: I think once you meet everyone, you may finally feel like you fit in. I remember what it was like to be your age... alone... angry... trapped. The injustice of it all. I can help, Bette.
Bette: A team is only as good as its weakest link. And look what happened to me on the bus. Why scout out somebody who's just gonna choke on their own smoke?
Tess: Don't be so hard on yourself. We'll make a hero out of you yet.


翌日。真っ白のシャツを着て出勤したクラークを見て。

Lois: Looking good, Smallville. Clothes make the man who helped me make the front page.

渡された新聞を見ると、彼女の記事が表紙を飾っていた。ただ、ロイスには1つ気になることがあった。

Clark: I'm glad you got your story, Lois, But it took a few more turns than I would have liked.
Lois: So did you, Houdini. You're there one minute, gone the next. We were standing next to an elevator. I don't know why you had to take the stairs.
Clark: Well, I'm sorry that you can't keep up.

Harry Houdini(ハリー・フーディーニ)は脱出マジックの達人。

ロイスはクラークが書いた死亡記事を訂正して渡した。


Obit


真っ赤になっていてショックだったが、これは彼女なりの応援らしい。

Lois: You've got talent, Smallville.
Clark: What?
Lois: Look, when I first started out at the inquisitor, all I cared about was getting the best stories on the front page.
Clark: Well, it seems like a dream come true.
Lois: Sure, but sitting here now with you, I think I'm more proud that we uncovered the truth than I am over having a headline. Thanks for helping me break the story, Clark. Keep up the good work. You've got a long career ahead of you at the Daily Planet.


クローイはベットの件で助けてくれたデイヴィスに電話すると、留守電が応答する。彼女は彼に触発されて、Isis Foundationを再開するというメッセージを残した。その彼は裸でゴミ捨て場に横たわっていた。大量の汗をかき、うなされている。彼が目を見開くと大声を上げた。


【感想】

今シーズンからなんだか突然ロイスが変わった様な感じになりました。でもいいんじゃないかなぁ。"a long career"なんて、「一緒に長くやっていこうね」的なニュアンスもあってよかった。

タイトルの"Plastique"はDCコミックのキャラクタで、本名をBette Sans Souciっていいます。そこから今回のベットが誕生しました。今回の感じだと、また出てくる機会がありそうです。

そして最後のシーン。いよいよDoomsdayの登場ですね。原作ではいかにも悪そうな風貌ですが、本作では素敵なパラメディックとの二面性がポイントになるようです。

また次回。


【Credits】

Writers: Don WhiteheadHolly Henderson
Director: Rick Rosenthal

Stars:
Tom Welling as Clark Kent/Kal-El of Krypton
Cassidy Freeman as Tess Mercer
Allison Mack as Chloe Sullivan
Erica Durance as Lois Lane
Sam Witwer as Davis Bloome

Guest Star:
Jessica Parker Kennedy as Bette
Mike Dopud as Tess' Assistant
Nathan Dashwood
Michael Chase as CSI Tech #1
Alain Chanoine as EMT
Jason Poulsen as Daily Planet Worker

©2008 The CW Television Network
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。