TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[HIMYM] シーズン4第2話。



HIMYM



昨シーズン、バーイグザムに合格した彼だったが、ローファームのやり方についていけず辞めてしまって無職状態のマーシャル。バーニーは自分の会社がGoliath National Bankという銀行を買収し、そこの法務が人材を募集しているから紹介しようかともちかける。


Goliath National Bank T-Shirt


彼の希望は環境関連の弁護であるので興味がないようだった。しかし面接を受けども受けども失敗を繰り返し、全然仕事が決まらない。そんなある日の夜。5人はいつものようにMaclaren'sに集まった。どこでご飯を食べようかと話していると、ウェイトレスが来て「新しいコックを雇ったから、バーガーを試してみて。すごいわよ」とハンバーガーを薦めた。

ひとまず保留して、どうするか話し合い。

Robin: I haven't eaten for two days. Can we please, for the love of God, just order something now?
Ted: Chinese?
Barney: I don't like Chinese.
Ted: Indian?
Barney: I just said I don't like Chinese.
Ted: Indian isn't chinese.
Barney: Weird meats, funny music, side of rice. Why are we splitting hairs?
Ted: Mexican?
Barney: I just said I don't like Chinese.


1時間後。彼女の希望通りここでハンバーガーを注文。先に彼女以外の4つが来たたので、彼女を除いてバーガーをいただいた。

Lily: Mmm! Oh, my God. This burger is so good. It's like Christmas in my mouth. Meat Christmas.
Ted: It's like an angel from heaven landed in the kitchen at Maclaren's. Where the chef killed it and ran it through the meat grinder.
Barney: I love this burger so much, I want to sew my ass shut.

みんな大満足。だが。

Marshall: It's okay.

というのもマーシャルは8年前に出会ったハンバーガーを食べて以降、他のハンバーガーは「おじいちゃんの足の味」にしか感じられないでいたのだ。当時、ミネソタから出てきたばかりでテッドの家に居候していた彼は、バットがないと街を出歩けないほどNYCを怖いと思っていた。

そんな彼がテッドに促され、バットなしで街を散歩していたところ、あるバーガージョイントを発見した。剥製屋とエロ本屋に挟まれているくらいメチャクチャ小さな店だった。両腕にごっついタトゥの入ったコックが作ってくれたハンバーガー。


Celebs


確かにセレブが来るような店だったのだが、それ以上に味がすごかった。すぐにアパートに戻り、テッドにコレを教えた。夜の9時半を過ぎていたものの、あまりのマーシャルの興奮ぶりに、テッドはそのバーガーを食べに行くことにした。しかし、その店を2度と見つけることはなかった。

Ted: We didn't know our way around. Just getting back to the apartment took us three hours and one very helpful drag queen.
Marshall: Wait, Betty Noir was a drag queen?
Robin: Well, where do you think it was?
Lily: Probably tucked between her legs.
Barney: You know what's not a drag? Getting a home equity loan at Goliath National Bank. I'm just saying.

以降、マーシャルはリリーと共にリージス・フィルビン(Regis Philbin)のサインがあるバーガーショップを食べ歩いた。結果はどれも×。ある日、バーニーがジムでリージスと会ったと教えられたことがあった。そこで彼にその店を覚えているか聞きに行ったのだが...

Philbin: Of course I remember the place. It was the best burger I ever had. I still have dreams about this burger. Beautiful, haunting dreams! I wake up at night screaming, "get out of my head, burger! Get out!"
Marshall: That's the one, Mr. Philbin. Do you remember where it is?
Philbin: No! I never wrote it down. But not a day goes by that I don't regret it.
Marshall: Why? Why?
Philbin: Do you know where it is?
Marshall: No.
Philbin: Huh? And if you tell me it's at the corner bistro, I'm gonna smack you right in the face!
Barney: No, we don't. We don't know where it is.
Philbin: Listen, blondie!
Barney: Oh! Don't mess with me!
Philbin: Daddy needs his meat.
Barney: I don't know where it is, Regis, I swear!
Philbin: What about you, lurch? And what about you, satchel-mouth?

(blondieはバーニー、lurchはマーシャル、satchel-mouthはテッドを指している。)

そんなこんなで彼もその店を探していることが分かり、見つけたら連絡をくれと番号をもらっただけで、肝心の情報は得られなかった。ここで彼のバーガー探しは終了。デッドエンドだった。

ちなみにその店がどんな感じかと言うと、

Marshall: Now I'm doomed to walk the earth forever searching for that green door and that red neon sign that says "BURGER."

ロビンは気づいた。その店の前を何百万回も通ってるわ、と。12thと7thのところにあるらしい。マーシャルは数字のついた通りだったことを思い出した。ロビンの注文のバーガーが来たが、その店のやつを食べるため、彼はポイした。彼女はいつになったら空腹を満たせるんでしょう。

移動の車中。

Lily: Honey, I'm so excited for you. After all these interviews, after all these disappointments, you deserve a triumphant mouth full of meat.
Barney: You know what else is a mouthful? All that double-talk other banks give you. At Goliath, customer satisfaction is our most important investment.

バーニーはまだ、マーシャルをGNBで働かせることを諦めていなかった。

Lily: Barney, I hate to break this to you, but working for a bank's kind of lame.
Barney: Oh, yeah. How lame is free automatic bill pay, Lil? How lame is 3.3% apy online savings? Yeah! That's right. Hate to make you look stupid in front of your friends, but you left me no choice.

テッドはリージスの事を思い出した。バーニーに電話するように言ったが、前回の一件で怖い思いをしたので、テクストを打つことにした。その彼は"Heads 0r Tails"という番組の収録中。コインの裏か表かで25万8000ドルがもらえるかどうかのチャンス。しかしメールの内容を見るや否や、客を置いてスタジオを飛び出していった。少年みたいだ。


5人は店に到着。注文したら、またもロビン以外の4つが先に来た。待とうかというジェスチャをするも、結局先に食べることに。

Ted: Oh, my God. I'm never brushing my teeth again unless it's with a toothbrush made from this burger.
Lily: I think I just had my first burg-asm.
Barney: Want... to take this burger out to dinner, then maybe a movie, then take it back to my place, Put on a little Terence Trent D'arby, and then I would just... fool around a little bit. Nothing serious – just take it slow, you know?

感動の嵐が吹き荒れた。リルはバーガーでオーガズムを感じた。バーニーはバーガーとヤっちゃいたいと思ったくらいだ。なのに。

Marshall: This isn't it.

テッドは8年も待ちすぎたために、期待が高くなりすぎていたんじゃないかと考えた。ロビンは「たかがバーガーなのに」って言ってしまう。

Marshall: Just a burger? Just a burger? Robin, It's so much more than just a burger. I, I mean, that first bite... oh, what heaven that first bite is. The bun, like a sesame-freckled breast of an angel, resting gently on the ketchup and mustard below. Flavors mingling in a seductive pas de deux. And then... a pickle... the most playful little pickle, and then a slice of tomato, a leaf of lettuce, and a, a patty of ground beef so exquisite... swirling in your mouth, breaking apart and combining again in a fugue of sweets and savories so... Delightful. This is no mere sandwich of grilled meat and toasted bread, Robin. This is God speaking to us through food.
Lily: And you got our wedding vows off the internet.

マーシャルは、「マンハッタン中のレストランに電話してドアの色を聞くんだ」と言い残し、店を出て行った。面接に落ちてばかりで精神的に参っている彼を見て、ついにここまでおかしくなったかとリリー達は嘆いた。

なんでも、家にいる時はTシャツにトランクスでウロウロしている。家の中だからと最初は考えていた。ところがある日、このまま新聞を取りに行った。次の日は下に郵便を取りに行った。

Ted: Everyone's got an underpants radius. For most of us, it's the distance from the bedroom to the bathroom, but as your self-esteem gets smaller, your underpants radius gets bigger.
Robin: How big is Marshall's underpants radius?

彼はお店にもその姿で行くことがあったそうな。

Barney: You know, Lil, when times are tough, I like to remember the uplifting words of my favorite song.


We'll be on your side when you need a friend

Through thick and thin

You can always depend

On the world leaders

In credit and banking..

Goliath National Bank.



Barney: Member FDIC.

(FDIC = Federal Deposit Insurance Corporationの略。連邦預金保険公社という訳語が充てられている)


ロビンのバーガーをウェイトレスが持ってきた。心配になったりリーは、彼女にコックか何かを変えたのか尋ねた。すると、この店はアップタウンにある店をモデルに作られたことが判明した。グリーンのドアと"BURGER"の看板を真似したそうである。元の店の場所は106thとManhattan Ave.にある。数字も入っているから間違いない。

ロビンはバーガーを食べようかと思ったが、全員店を出て行ったので諦めてついて行った。タクシーで移動していると、遅れて到着したリージスから電話が来た。アップタウンの方だった事を教えたら、さぞかし悔しそうに近くの新聞スタンドをぶっ壊した。

Philbin: Fine, fine, I'll be there in 20. If you get there first, medium rare.
Barney: Onions?
Philbin: Onions?!
Barney: Okay, no onions.

なぜか無茶苦茶キレられた。ともかく彼とは現場で合流することに。


マーシャルはタクシーを止めた。歩いていくと、当時と同じ風景が広がっている。やっと巡り会える。喜び勇んで角を曲がったら、そこにはまさかのまさかが待っていた。


GNR's ATM


お腹いてーーー。

Barney: One of 9,000 convenient locations.

店が丸ごとGNBのATMになっていたとは。腹が空きすぎたロビンは、ここで食べようと訳の分からないことを言い出した。リリーは全部バーニーの責任に押し付けてパンチを連発した。

Lily: I will never use a Goliath ATM ever again. Goliath National Bank sucks. It's the worst bank on the face of the earth. Attention, New Yorkers, this bank sucks! They suck!

止まらない彼女を見かねたバーニーは、マーシャルに本当のことを話すように言った。

Marshall: I got a job.
Lily: What? Where?
Marshall: Goliath National Bank. That's why Barney's been going on and on about how, how great Goliath is. He wanted you to be excited for me since we're going to be working there together.
Barney: Well, technically not together. You won't have access to my floor.

バーニーは友人が働くことになった銀行だったからこそ、ずっと褒め称えていたのだ。泣けるよ、バーニー!

Lily: But you want to be an environmental lawyer.
Marshall: Yeah, you know, and I also want to be a harlem globetrotter and get paid in candy, but... in the meantime, I need a job, and this is, this is a really good one. It's great pay and there's good benefits, and to be honest, it gives me a reason to put on pants in the morning. You know, I have my whole life to save the planet, but right now I'm– I'm kind of really excited to wear pants again.
Lily: You've got great pants. I love you.
Marshall: I love you.


でも結局、目的のバーガージョイントは見つけられなかった。

Marshall: It's stupid. I think about that first week in New York. You know? I was 22 years old. I had my whole future ahead of me. I guess I just kind of thought that if I could have that burger one more time and feel that way for one more night, that I might be able to check that off the list, and grow up, go work for the stupid bank, and just be happy.


ところが、近くでフライヤを配っていた人が「店は移転しただけだ」と教えてくれた。しかもその場所を100ドルで教えてくれると言う。が、がめつい。皆タクシーで現金を使ってしまい、マーシャルも当然お金を持っていない。でも、そこにあの素晴らしいGNBのATMがあるじゃないか!

と言うわけでちょちょいと支払い、その店に来た。あのタトゥのコックが作ってくれた。全員分同時に持ってきてくれた。それでは頂きます。まずはマーシャルに確認してもらう。

Marshall: This is it.
Ted: Yes!
Marshall: It's exactly the same. It's the best burger in New York.

ロビンも無事に食べることが出来た。翌日、マーシャルはパンツを履いたのだそうな。


以下、それぞれの感想。

Lily: I want to get tiny fitted sheets for this burger, and just crawl into this bun, get all cozy, and die there.
Robin: Oh, my God. I just want you inside of me.
Barney: This feels so good. I'm worried I'm gonna get this burger pregnant.
Marshall: If he does get that burger pregnant, I have dibs on the delicious burger babies.

再び感動の嵐が吹いた。しかーーーしっ。

Regis: This isn't it.

と言いつつ店を出ると見せかけて。

Regis: Wait. This IS it!

【END】


【感想】

あー楽しかった。彼らが行った店のあちこちにちっちゃくリージスのオートグラフ入り写真が飾られていたのが面白かった。結構な数ありましたよね。

今週はロビン&バーニーやテッド&ステラの話は一休みして、皆でずっと過ごす話だった。まあタイトルから逸れるけど、これはこれで面白い。

初心に戻れるあの頃好きだった味、というテーマも良かった。昔の仲間とまた食べてみたい店とか、お金がない時と言えばこの店、みたいな所は誰にでもあるはず。

また次回。バーニーとマーシャルのオフィスって繋がってるの?


【Credits】

Stars:
Cobie Smulders as Robin Scherbatsky
Jason Segel as Marshall Eriksen
Neil Patrick Harris as Barney Stinson
Alyson Hannigan as Lily Aldrin
Bob Saget as Voice of Ted, 2030
Josh Radnor as Ted Mosby
Lyndsy Fonseca as Daughter
David Henrie as Son

Guest Star:
Regis Philbin as Himself
Charlene Amoia as Wendy

©MMVII, CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。