TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[Fringe] シーズン1第4話のリキャプ。



Bald Guy


ブルックリン。1話目から毎回、ほんの一瞬だけ登場していたこの男はダイナーにいる。ローストビーフ・サンドウィッチ、室温の水、ハラペーニョ11個を注文。それが終わると、窓の外の工事現場を見ながら、メモを取る。さらに時計を出し、オペラグラスみたいなのを覗いた。ターミネイターみたいに何か情報のようなものが表示される。MDのエージェントなのだろうか。

ノートには見たこともないような字が並べられていた。キューニーで勉強したことのあるウェイトレスがコリアンかと聞いたが、アラビア語からも程遠いような字だ。彼は出されたサンドウィッチに、胡椒をボトルごと、タバスコを鬼のようにふりかけた。ハラペーニョも全部乗っけてガブガブ食べた。全く無表情。

また窓の外をスコープでチェックし、メモを取る。すると地面がゴゴゴと揺れだした。みんなパニックになっているが、この男だけは平然と水を飲んでいる。間もなくして、工事現場に大爆発が起こった。

彼は水を飲み干し、お金を置いてから外に出た。帽子をかぶりサングラスをかけ、おもむろに現場に歩いていく。何かを確認して電話した。

Man: It has arrived.


FRINGE


ピーターが寝ていると、ウォルターのいつものが始まった。

Walter: 150 grams of sucrose, maintained at 70 degrees fahrenheit for 120 hours. 30 milliliters at 80 degrees...

夜中の3時にルートビアの成分を唱え始めた。仕方なく彼は浴室で寝ることにした。


翌日、ピーターはいきなりフェデラル・ビルディングに姿を現した。昨晩の不満もあってか、「一連の怪奇事件の発端はウォルターの研究にあるから、必要なのは彼だけじゃないか」とオリヴィアに話した。

Dunham: Peter, you decipher what he says. Things that other people can't even follow.
Peter: No, not any more. Anybody can do that. There's nothing special about me.
Dunham: You're his son.
Peter: That's not the only thing. I don't do well staying in one place. You know that.
Dunham: This isn't the job for me. If you leave, so does he.
Peter: Really? You're telling me that if the federal government wants to get Walter Bishop out of a mental institution, they can't do that without the consent of his son?
Dunham: It's your father. He's made it very clear that if you leave, he won't cooperate with our investigations.
Peter: I don't believe it.
Dunham: He would rather go back to St. Claire's than work here without you. He said that more than once.
Peter: Was he wearing clothes at the time?

父親のことを好きになれない彼が思っている以上に、父は息子を必要としていた。


昨日の爆発事件の調査で、ブロイルズのチームはS.E. Kramerの工場にやって来た。公式にはガス官の爆発ということになっていて、爆発した物自体はガスで合っているのだが、それを引き起こした物に疑問点があるらしい。


Unknown Stuff


NSA、CDCがデータを集めている最中で、ウォルターにも見てもらう。これは地下から出てきて、使われなくなった地下鉄のトンネルからガス官をぶち抜いた。彼は一目見て、固形のイリディウムが使用されていること、亜音速で振動していることを見抜いた。調査員によればその通りで、2ギガヘルツと4ギガヘルツで振動している。

彼にはすでにこれが何かの見当はついていたが、時期尚早と教えてくれなかった。ブロイルズは、1987年にも同じものがクァンティコで出てきて、ヘンリー・ジェイコブソン(Henry Jacobson)が調査をしていたことを話した。彼に今回の件を話すと、ダナムに来て欲しいとの事だった。

Broyles: He's expecting a visit. Said he's looking forward to seeing you again.

彼女は彼に会いに行くため、ウォルターをピーターに任せてその場を離れる。彼は「これを最後に終わりにする」と彼女に耳打ちした。ウォルターはブロイルズに無理を押し通して、この物体をラボに持ち帰らせてほしいと要求した。



Jacobson


ヴァージニア州ローズヴィル(Roseville, VA)。二人は再会を喜び合った。彼は奥さんを亡くしたらしく、同じくパートナーを失ったオリヴィアに同情の意を述べた。

ここからが本題。

Jacobson: Master sergeant Stuart Malick. He was at his post at the marine base On the night of June 22. His job was to watch the motion sensors, perimeter security, to ensure that there was no breach at the base. Except on that night, the sensors went nuts. What we found was this. Metallic cylinder, 24 inches tall, 12 inches in diameter. He assumed it fell from the sky. That perhaps it was a piece of a satellite. Except it wasn't. Stranger still, although it seemed to be a solid piece of hard metal, it was vibrating.
Dunham: At two megahertz. Then again at four.

彼の持ち出した写真は、全く同じ物だった。振動している点も同じ。ただ、続きがある。

Jacobson: I was called in to investigate. We determined it was transmitting something. A signal that we couldn't decode. 48 hours after we found it, there was an explosion unlike anything I'd ever seen. It went through the floor to the basement below. It exploded down. And was gone.

謎の信号に、地下に潜り込んで行った結末。彼は必要なものがあれば協力するが、友人として出来るだけ関わらないようにと忠告した。


ラボでは、ウォルターが物体の研究を行っている。これが何かを知っているのか、音さを鳴らして上に置くと、共鳴するかのように大きな音を発した。そんな実験を行っている一方で、工場に銃を持った男が侵入。次から次に人を吹き飛ばすエネルギー銃みたいな物である。もちろん、そこにはもう例の物体はない。

オリヴィアが家で寝ていると、電話がかかってきた。聞き取りにくい声であるが、ジョンであるかのようだ。彼女はすぐにディスパッチに連絡し、自分のケータイを逆探知するように頼んだ。結果は、ここ3時間にかかってきた記録がないとのことだった。


ラボ。

Peter: Let me ask you a question. If I tried reverse psychology, like,if I just said to you right now, "Walter, don't tell me what that is," would that work?
Walter: Many years ago, I worked on project Thor. The Department of Defense wanted a subterranean torpedo, a missile which could, in theory, be shot from anywhere in the world through the earth's core and hit its target on the other side.
Peter:I know for a fact that that is ridiculous.
Walter: Open your mind, son, or someone may open it for you. Even that doesn't make any sense. The cylinder could be any number of things, None of which I am prepared to discuss. Great, well, I am glad I stuck around for this.

DODから依頼を受けた陸の魚雷の理論が使われているらしい。その横で資料写真を見ていたオリヴィアは、その中に冒頭の男が写っているのを発見した。彼女は彼が誰か知らないが、見覚えがあると感じていた。彼は2週間前の、急成長するベイビーを扱った病院の写真にも写っていた。


ダナムはこれをブロイルズに報告。すると、資料室に連れて行かれた。あの男は病院だけでなく、いたるところで目撃されていた。ここ1年間に渡る彼の動きが写真に収められている。

Broyles: It took us a year to spot him. You did it in three weeks.

ありとあらゆるデータベースを用いたが、彼の正体は分からない。ともかく、The Patternに関連する36の事件現場で、彼はただただ観察していた。そこから、彼らはこの男を"The Observer"と命名していた(そのまんま)。


その頃、工場を襲った男はジェイコブソンの家を訪れ、いきなり彼を撃った。ブロイルズの元には工場襲撃の知らせが入り。それを受けてオリヴィアはピーターに連絡。物体を安全な施設に移送することを伝えた。

これをウォルターに言うと、周波を遮断するためアルミホイルを持って来いと言う。それ以上の説明は全くなし。ピーターが断ったら、突然表情が変わって怒り出した。

Walter: Damn it! Must you always be such a smart ass? I need the aluminum foil right now to shield the frequencies of the cylinder. Your life depends on it. All our lives depend on it. Go now.
Peter: I'm gonna go get you your aluminum foil, and then when I get back, you're gonna tell me what the hell it is you think that thing does.
Walter: While you're out, if you see a chance to get me a root beer float, That would be wonderful.

この危険な状況で、彼はなぜか笑っている。ウォルターはピーターが出て行ったのを確認し、アストリッドに注射器を取るように言った。彼女からそれを受け取ると、隙を見て彼女に突き刺した。ピーターが戻ってきた時には、彼も物体も姿を消していた。


ウォルターはいつものダイナーで、ルートビア・フロートを飲んでいた(私はこれが死ぬほど嫌い)。すると、目の前の席にObserverが座った。彼は何も知らず、嬉しそうに17年ぶりのルートビアを飲んでいる。

Observer: Thank you for hiding the beacon. I can't touch it myself. I know you have questions. Soon you'll have answers.
Walter: Of course.

ブロイルズのチームは彼の行方を追って騒ぎになっていたが、程なくして彼は発見され、フェデラル・ビルディングに連行された。フェデラル・エージェントに鎮静剤を打ったのは犯罪であり、彼はグレイの囚人服を着させられている。

問題のシリンダーの居場所は教えられないと拒否した。というよりもう覚えていないととぼける。

Walter: I believe there are only another four hours in which I must keep the cylinder from those who are trying to get it, a theory I have discussed with my friend, who agrees with me.
Peter: Your friend? Um, he's a tall fellow, right? Pink, big fuzzy ears.
Walter: No, he's a man. Quite nice. Albeit extremely bald. No eyebrows either. It's disturbing, but you get accustomed to it.

彼がObserverと接触したことが分かった。しかし、彼は見ていただけなので、ウォルターは何も情報を得ていなかった。これにキレたピーターは、居場所を教えろと彼に怒鳴りつけた。すると、また彼は突然激昂した。

Walter: Must you always be so small-minded? Damn it, don't be like her. Like your mother. Questioning my judgment. I am not a child. I will not be babied.
Peter: Thank you for that. That's exactly what I needed. Guilt relieved. Olivia, I am very sorry, but I think you'll understand why I don't want to hang around any longer.

ピーターはオリヴィアにポイントを示し、部屋を出て行った。そうなってからようやく、ウォルターも自分のした事に気づいた。

ダナムはブロイルズに報告。ビショップは、何者かに取られることを予期して隠しているのは間違いない。ただ、その場所までは聞きだすことは出来なさそうだ。それと彼がObserverと出会ったことも伝えた。

ピーターは荷物をまとめ、自分に関する資料を抜き取りながら、誰かに電話した。ボストン以外の仕事ならどこででも受けると話している。彼が会話している陰で、ジェイコブソンを襲った男が隠れていた。


アストリッドはピーターがもみ合った跡を残して姿を消したとオリヴィアに電話で伝えた。すぐにハーヴァードのセキュリティに連絡し、クレスギ付近のカメラ映像を調べさせる。そのピーターはジェイコブソン同様、頭にコードを繋がれて拷問を受けていた。

オリヴィアは男が写ったカメラの画像を持って、ウォルターに彼を知っているか尋ねた。さらにピーターが彼を連れ去った可能性があると告げると、ピーターからシリンダーの場所がバレると焦りだした。


Unsub: You and your colleagues had the cylinder last. Where is it now?
Peter: I have no idea. And even if I did, you're the last person I would tell.

これだけでの会話で、男はウォルターが隠したために場所が分からないのだと気づいた。さらに。

Unsub: When was the last time your father kissed you?
Peter: I think that's your lamest question yet.
Unsub: Think about your father.

彼は電圧を上げた。

Unsub: Good. Now think about a time before he was sent away to the institution. A happy time, a time when you still believed that your father loved you. Beside his car in your old house, does your father have any other hiding places? Answer the question. Does your father ha –

すると彼の耳にささやき声のような音が聞こえた。

Unsub: Thank you. You just told me where the cylinder is.


男はピーターを墓地に連れて行った。そこにあったのは、"ROBERT BISHOP"と掘られた墓石。男はそれが誰かも聞きだしていたようだ。今度は意識朦朧のピーターに指示し、その場所を掘らせる。

するとシリンダーが発掘された。遅れて到着したオリヴィアに気づき、彼は逃走。意識を取り戻したピーターの行った方向に彼女は追跡を始めた。男は今回もあのトンデモ銃で反撃に出たが、あえなく彼女に撃たれて倒れこんだ。

彼の死亡を確認していたら、いきなりシリンダーが作動し始めた。大きな光に包まれ、地下に沈んでいく。彼女が近くまで行くと、それはもうそこにはなかった。その様子を木陰からObserverが見ていた。

Observer: Departure on schedule.

と誰かに連絡。その後ろからピーターが襲撃した。

Peter: Who the hell are you? What is the cylinder?
Peter&Observer: You know what it is, don't you? Why is it here? Why now? Who are you? Apples, bananas, rhinoceros. I want to hold your hand. Lucy in the sky with diamonds.

彼はピーターが何を話そうとしているのか、全てを読んでいるかのようである。

Observer: Do you really know my father? Did you talk to him this afternoon? Are you his friend?

そして持っていたテイザーのような銃でピーターを撃った。


ピーターはしばらくして目を覚ました。そこにオリヴィアが来て、彼を連れ帰った。チャーリーはウォルターに彼の無事を伝え、ホテルに連れ帰ることにした。彼はその前にやることがあるのだと言う。

それはアストリッドへの謝罪だった。

Walter: What I did to you was very untrustworthy of me. I never intended to harm you. I was simply doing what was necessary to protect us all. If it would help you feel a sense of retribution, I would tell you to inject me too. but I'd most likely enjoy it.

彼なりの謝り方だったが、彼女は無言で作業をしたままだった。


ダナムが病院に行くと、ブロイルズがいた。あの場所を掘ってみたが、結局シリンダーは回収できなかった。日が昇り次第、掘削機を使う予定になっているものの、前例からして見つかる可能性はないと思われる。

一方で、あれを狙っていた男はジョン・モスリー(John Mosley)であると分かった。先月はシアトルで2件の殺人を犯し、その前はドラッグ関連の重罪をいくつか犯していた。その男がわざわざ大陸の反対側にやってきて、シリンダーを奪おうとしたのだ。


彼とはここで別れ、ピーターの様子を見に行った。彼は憔悴しきった表情で、今晩の事件について思うところを話し出した。

Peter: Something happened out there tonight, Olivia. The Pattern that Broyles refers to, I always thought it was nonsense. Inexplicable things happen every single day. It does not mean that there's any deeper significance. I know this is gonna sound insane. Yeah, I know it sounds insane, but that man out there in the woods, he knew me. And I don't know how, but he was inside my head. He knew what I was going to say before I said it.
Dunham: The man I shot?
Peter: No, the other guy, the bald guy. From your photos. Mr. no brows?
Dunham: Peter, I didn't see anyone.
Peter: You know me well enough now to know that these are the last words I would ever expect to to be saying, but what if Walter is right? What if this is just the beginning?
Dunham: Listen, you took a pretty bad blow to the head.
Peter: You think I did this to myself?
Dunham: No, I just – I was wrong to – to demand that you stay here. Walter is not your respoibility. As you've always said, this was just supposed to be temporary. You have your life.
Dunham: Olivia, did you hear what I just said? I mean, I'm a fairly open-minded guy, but there are things happening here that I can't even begin to explain. And I am not going anywhere until I can.

彼女はそう来ると予想していたのか、すでに彼のカードを用意していた。

Dunham: In that case, you might want this. Your credentials have been approved. Civilian consultant to the Department of Homeland Security.
Peter: Does this mean I don't need an escort to come into the federal building anymore?
Dunham: Yeah.
Peter: Will it get me out of speeding tickets?
Dunham: Maybe.


ピーターはホテルの部屋に戻り、ウォルターに墓地で起きた出来事について話した。なぜ彼が教えてくれなかった隠し場所が、モスリーに分かったのか。つまりは自分が知っていたのか。

Walter: You must adjust the way you consider communications, ideas. Ideas can be absorbed through osmosis. Through proximity.

そして彼はピーターが小さかった頃の事故の話を始めた。Thanksgivingの日、彼らを乗せた車は道路を外れてしまった。それは分厚い氷の上にとどまり、2分後に氷は割れて車もろとも下に落ちた。

ピーターが聞いた話では、この後ウォルターが岸まで泳ぎ、家族を救った。ところが、実際は違っていた。彼は助けられなかった。ピーターも、自分自身も。二人を本当に救ってくれたのは、あのObserverだったと言うのだ。

彼は岸から二人を引き上げてくれた。その時の眼差しを今も覚えている。濡れたスーツを着て立っていたが、寒そうな表情は一切見せなかった。彼には自分の思考が知られているかのようだった。彼は何も話さないで、いつかウォルターのことが必要になる事を脳に直接伝えた。恩を返して欲しいという意味だった。

そして、それが今日の事だったと気づいた。彼自身にも、自分がなぜ振動や成分のことが分かったのか分からなかった。だから自分が本当に知っているのかを試した。すると突然、彼の為にあのカプセルを守らなくてはならないと知った。

あの音さの実験も、アルミホイルの嘘に始まった隠蔽も、Observerから10数年も昔に脳に埋め込まれた記憶によるものだったのだ。

Walter: Who they are, what they want– as a man of science, I share your frustration in not having these answers. But what I know is that you are sitting here now... my son... alive. I know you must think me insane.
Peter: Not nearly as much as you might think.


オリヴィアは自宅に戻った。ウィスキーとシリアルを用意し、それを口にしようとすると目の前にジョンが立っていた。

John: Hello, Liv.


【感想】

最後のは良く分かったような分からんような。Observerはウォルターが瀕死状態だったから、ああいうことが出来たのかなぁ。電極突っ込んでたのは脳にショックを与えて活動してない状態にして、その脳波にシンクロしていったら初回みたいな感じで記憶に潜れるってこと?だから墓地でピーターの思考も読めた?

と見せかけて、実は何かの記憶をまた埋め込んでいたりして。ウォルターはいつもの癖で記憶が思い出せなかっただけなのか、それともObserverがこの日まで思い出せないようににしていたのか。それも良く分からない。

謎の一部が明かされているようで謎が増えている感じは、LOSTとあまり変わらないな。でも、私はそういうのがすごく好きだから、このドラマも楽しい。

また次回。1週飛びます。


【Credits】

Writers: Jeff Pinkner, J.J. Abrams
Director: Paul A. Edwards

Stars:
Anna Torv as Olivia Dunham
Joshua Jackson as Peter Bishop
Lance Reddick as Phillip Broyles
Kirk Acevedo as Charlie Francis
Jasika Nicole as Astrid Farnsworth
Mark Valley as John Scott
John Noble as Dr. Walter Bishop

Guest Stars:
Michael Cerveris as September
Michael Kelly as Rouge
Nestor Serrano as Colonel Jacobson
Lisa Joyce as Young Waitress
Nancy Ticotin as Older Waitress
David Sajadi as Technician
Jennifer Ikeda as Agent Chaperoee
Ash Roeca as Agent Rodriguez

™FOX.com and ©FOX and its related entities. All Rights Reserved.
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。