TITLE LIST
BlogTitle

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[スーパーナチュラル] シーズン4第4話のリキャプ。


ルビーとどこかけに出かけていたサム。二人はある男を追い詰めていた。目的はリリスの居場所。男は何者か分からないが、普通の人間ではないだろう。

Sam: I'd watch myself if I were you.
Man: Why? huh? Because you're Sam Winchester, Mr. big hero? And yet here you are, slutting around with some demon. Real hero.
Sam: Shut your mouth.
Man: Tell me about those months without your brother... about all the things you and this demon bitch do in the dark. Huh? Tell me, hero.

サムはまたやった。手をかざすと男の口から黒い煙が出て、床のデーモンズゲイトに吸い込まれていった。呪文を唱えたりしない。ただ、静かに手の平を向けて力を込めるだけ。多少の息の乱れはあるが、ほとんど表情を変えない。彼は言っていた。"It feels right."と。仕事を終え、ルビーの顔を見て少し笑った。

その様子を陰から見ていたディーン。彼は弟の暴走を止めることが出来るのか。


Supernatural


サムは前回より進化した。デーモンが去った後でも、ヴェッセルとなった男は生きている。彼自身にも頭痛は残っていないらしく、完璧に成功したようだ。一安心で男を運び出そうとしたところにディーンが登場。

Dean: So... anything you want to tell me, Sam?
Sam: Dean, hold on, okay? Just let me –
Dean: You gonna say, let me explain? You're gonna explain this? How about this? Why don't you start with who she is and what the hell is she doing here?
Ruby: It's good to see you again, Dean.
Dean: Ruby? Is that Ruby?

ディーンはいきなりシルヴァーナイフで彼女を襲った。しかしそれをサムが止めに入る。その隙に彼女がディーンを押さえ込んだが、それもまたサムが止めた。

Dean: Well, aren't you an obedient little bitch?
Sam: Ruby. Ruby... he's hurt. Go.
Ruby: Where the hell do you think you're going? The E.R. unless you want to go another round first.

彼女は男を病院に運んでいった。ディーンも何も言わず、その場を後にした。


彼が部屋に戻ると、先にサムが帰ってきていた。相変わらず無言のまま、ディーンは荷支度を始める。サムが出て行くのか尋ねたら、「俺なんか必要ないだろ。ルビーと一緒にデーモンと戦ってるんだから」と言って思いっきり弟をぶっ飛ばした。「満足したか」と言う彼にもう一発。

Dean: Do you even know how far off the reservation you've gone? How far from normal? From human?
Sam: I'm just exorcising demons.
Dean: With your mind! What else can you do?
Sam: I can send them back to hell. It only works with demons, and that's it.
Dean: What else can you do?
Sam: I told you!
Dean: And I have every reason in the world to believe that.


Dean


ディーンの表情は怒りに満ちていた。

Sam: Look, I should have said something. I'm sorry, Dean. I am. But try to see the other side here.
Dean: The other side?
Sam: I'm pulling demons out of innocent people.
Dean: Use the knife!
Sam: The knife kills the victim! What I do, most of them survive! Look, I've saved more people in the last five months than we save in a year.

デーモンに乗っ取られた人間を救いたいという気持ちは本心かもしれないが、サムは本当にそれだけであの力を使っているのだろうか。

Dean: Is that what Ruby wants you to think? Kind of like the way she tricked you into using your powers? Slippery slope, brother. Just wait and see. Because it's gonna get darker and darker, and God knows where it ends.
Sam: I'm not gonna let it go too far.

ディーンは置いてあったランプをぶち壊した。サムは自分で加減しているつもりでも、すでに一線を越えてしまっている。

Dean: It's already gone too far, Sam. If I didn't know you... I would want to hunt you. And so would other hunters.
Sam: You were gone. I was here. I had to keep on fighting without you. And what I'm doing... it works.
Dean: Well, tell me. If it's so terrific... then why'd you lie about it to me? Why did an angel tell me to stop you?


Sam


ディーンはようやくここでカスティエルからサムを止めるように言われていることを話した。

Dean: Cas said that if I don't stop you, he will. See, what that means, Sam – that means that God doesn't want you doing this.

神や天使なんか信じてなかった男が天を指差してこう言った。彼の表情は怒りから悲しみに変わる。

Dean: So, are you just gonna stand there and and tell me that everything is all good?

サムに電話がかかってきた。トラヴィス(Travis)からで、サムは涙をこらえながら話を聞いた。ミズーリのカーセイジ(Carthage, MO)にいるジャック・モンゴメリ(Jack Montgomery)を探しているとの事である。(余談ですが、この時のJPadの演技が妙に良かった。)


ミズーリ。ジャックは奥さんの作った料理を有り得ない勢いで食べている。お腹が空いていたとは言え、ステーキを2枚食べた上に奥さん残した物にまで手を付けた。食後。バスルームで歯を磨いていると、いきなり何かが襲ってきてかがみこんだ。それは体内で大きく動き、背骨や内臓が背中にくっきり浮き出る。しばらくしてそれは収まり、鏡を見ても傷1つついていなかった。


移動の車中。ディーンは過去に行った時の出来事を話した。

Sam: I can't believe it. Mom a hunter?
Dean: I wouldn't have believed it, either, if I hadn't seen it myself. That woman could kick some ass. I mean, she almost took me down.
Sam: How'd she look? I mean... was she happy?
Dean: Yeah, she was awesome. Funny and smart. So hopeful. Dad, too. Until, of course...

サムはため息をついた。

Dean: What?
Sam: Nothing. It's just our parents, and now we find out our grandparents, too? Our whole family murdered, and for what? So Yellow Eyes could get in my nursery and bleed in my mouth?

ディーンはこの言葉をよくよく考えた。彼はまだ事の真相を全て話したわけではない。

Dean: Sam, I never said anything about demon blood. You knew about that?
Sam: Yeah, for about a year.
Dean: A whole year.
Sam: I should have told you. I'm sorry.
Dean: You've been saying that a lot lately, Sam. But whatever. You don't want to tell me, you don't have to. It's fine.
Sam: Dean. Whatever.

二人の溝は深まるばかりだった。


ともかく兄弟はジャックの家に着いた。彼はまた腹を空かせて妻に食べ物をねだっているものの、一切おかしな様子はない。すると冷蔵庫にあったローストビーフや生ミンチを素手で掴んで頬張り始めた。


Bros


兄弟そろって双眼鏡で見ていてビックリした。

Sam: I'd say that qualifies as weird.


状況を確認できたので、トラヴィスの家に行った。10年ぶりの再会。サムの身長が伸びたことに驚いたくらいである。

Travis: You still, ah oh, what was it? A mathlete?
Sam: No.
Dean: Yep, sure is.

揉めている裏事情は隠し、仲のいい兄弟を見せて安心させた。ジョンが生きていたら喜んでいるだろうと、彼も満足している。ここで本題。

Travis: Boys, we got a rougarou on our hands.
Dean: A rougarou? Is that made up? That sounds made up.
Travis: They're mean, nasty little suckers – rotted teeth, wormy skin, the works.
Dean: Well, that ain't this guy. I mean, he was wearing a cellphone on his belt.
Travis: He'll turn ugly soon enough. They start out human, for
all intents and purposes.
Sam: So, what, they go through some kind of metamorphosis?
Travis: Yep, like a maggot turning into a bull fly. But most of all, they're hungry.
Dean: Hungry for what?
Travis: At first, for everything, but then for long pig.
Dean: Long pig?
Sam: He means human flesh.
Dean: And that is my word of the day.

long pigは人肉。メモメモ。ルガルーは最終的に人肉を求め、その栄養で羽化するさなぎの様に変化を遂げる。一度食べてしまうと元に戻ることは出来ず、永久に人間を狙い続けるモンスターと化す。

トラヴィスは78年に彼の父親を殺した。ジャックの父もまた同様のルガルーで、8人の人間を殺していた。ところが彼の妻は妊娠していたことをトラヴィスは知らなかった。しかも彼女は養子に出してしまったため、どこに行ってしまったのか分からなくなってしまった。

罪もない幼い少年が父の遺伝によってモンスターになった。不憫に思ったトラヴィスは、あえて探そうとしなかった。大人になって確実にそうであると確信してから行動を起こそうと思っていた。ようやく見つけ出した彼は右手を怪我していて、ウィンチェスター兄弟の手を借りることにしたのだった。


自宅で指を包丁で切ったのを目にしたジャックは、沸き起こる飢えを抑えることが出来ず、家を飛び出してバーに来ていた。酒を飲めどナッツを食えど、全くそれは収まらない。すると同じカウンターで、待ち合わせをしている女性に男がしつこく話しかけ始めた。

ジャックの二周りくらい大きな男だったが、彼はそれを止めに行った。男は調子に乗って偉そうに殴りかかかった。しかし、軽く拳を捕らえられ、そのまま握りつぶされた。ジャックは我に返って怖くなり、そのまま店を飛び出した。


ディーンとトラヴィスはバーナーの準備。ルガルーをやっつけるには、完全に燃やしてやる必要がある。これでジャックのオヤジの方も仕留めた。そこにリサーチをしていたサムが帰って来た。トラヴィスはこの装備で万端だと思っていただけに、疑われているのかと思った。

Travis: What, my 30 years of experience not good enough for you?
Sam: What? No. no, I – I just wanted to be prepared. I mean, not that you didn't...
Dean: Sam loves research. He does. He keeps it under his mattress right next to his K-Y. It's a sickness. It is.

いきなり下ネタをぶっこむディーン。全く突っ込まないサミー。で、本題のリサーチ結果。ルガルーの遺伝子を受け継いだ人は他にもいて、変化が訪れたものの、人肉を食べないでいたら全く変身しなかったという話が見つかった。最悪の場合でも、生肉を食べる程度でそれ以上の変化なし。

しかしトラヴィスは、そうやって人肉を食べずに一生過ごすことは不可能だと言った。サムはジャックに事情を話し、人肉を食べないよう自身と戦うように説得するという作戦を提案。あくまでも人間を救うスタンスは変わらない。

トラヴィスは三日三晩飲まず食わずで目の前にサーロインが出てきても我慢できるかと問うた。サムは理解を見せたものの、あくまでも殺す理由を本人が作らない限り、殺したくないと言った。いくらモンスターでも人畜無害なものをいきなり殺せない。彼はそう告げて部屋を出て行った。

Travis: What's up with your brother?
Dean: Don't get me started.


ジャックは何事もなく帰宅。病院まで捜しに行ったと言う奥さんに平謝りし、「血を見て気が遠くなり、外に出たいと思ったからそうした」と説明した。彼は昔から血に対してこうであったわけではなく、最近になってこの症状が出始めた。

ともかく二人は仲直り。彼が軽くキスすると、そこから止められなくなってしまった。彼女を押さえつけ、無理やりスカートを捲り上げたところで、彼女が彼を突き飛ばした。と、ここで彼は我に返る。今の今まで自分に何が起きていたのか、全く分からない様子だ。

兄弟はジャックの家まで移動。その車中。

Dean: All right, so we're gonna go have a little chat with this guy, which, you know, I'm down. But I just want to make sure, if push comes, you're gonna shove.
Sam: Meaning?
Dean: Well, odds are we're gonna have to burn this guy alive.
Sam: This guy has a name and a wife.
Dean: Yeah, who we're probably gonna make a widow, okay? I mean, you heard Travis. He's gonna turn. They always turn.
Sam: Well, maybe he won't. Maybe he can fight it off.
Dean: And maybe he can't. That's all I'm saying.
Sam: All right, we'll just have to see, then, okay?
Dean: This is what I mean, Sam. You sure your emotions aren't getting in the way here?
Sam: What are you talking about?
Dean: You know, nice dude, but he's got something evil inside. Something in his blood. maybe you can relate.

議論は物別れに終わるどころか、サムがキレてしまった。車を途中で止めさせ、本当の想いを語り始めた。

Sam: You want to know why I've been lying to you, Dean? Because of crap like this!
Dean: Like what?
Sam: The way you talk to me, the way you look at me like I'm a freak!
Dean: I do not.
Sam: You know, or even worse, like I'm an idiot! Like I don't know the difference between right and wrong! (Dean stares at him) What?
Dean: Do you know the difference, Sam? I mean, you've been kind of strolling a dark road lately.
Sam: You have no idea what I'm going through. None.
Dean: Then enlighten me!
Sam: I've got demon blood in me, Dean! This disease pumping through my veins, and I can't ever rip it out or scrub it clean! I'm a whole new level of freak! And I'm just trying to take this – this curse... and make something good out of it. Because I have to.

サムは自分にデーモンの血が流れている事を知った。それは変えることの出来ない運命。ならばと、それを少しでもいいことに使おうと彼なりに考えた。例えそれがディーンの忌み嫌うフリークのやることであったとしても、自分が正しいと思えることをやっていたのだ。

Dean: Let's just go talk to the guy. I mean Jack. okay?

ディーンは納得し、サミーの言うとおり話をしに行くことにした。また、先ほどの指摘を受け、彼をちゃんと名前で呼んだ。


兄弟はジャックに会い、彼に起きている変化について知っていることを話した。その上で事の真相を話した。彼は自分の変化に気づいてはいたが、いきなりの事にすぐに受け入れられなかった。サムはジャックの父親も同様で、それが遺伝によるものである事も話した。しかし、突拍子もない話で彼は信じられない。そこでディーンは単刀直入に言った。

Dean: You're hungry, Jack. You're only gonna get hungrier.
Jack: Hungrier for?
Dean: Long pig. You know, a little manburger helper may have crossed your mind already.
Jack: No.
Sam: It doesn't have to be like this, Jack. You can fight it off. Others have.
Dean: We're not gonna lie to you, though. It's not gonna be easy. You're gonna feel like an alcoholic swimming around in whiskey. But I'm telling you, you got to say no, or–
Jack: Or what?
Sam: You feed once, and it's all over. And then we'll have to stop you.
Jack: Stop me? My dad – did, uh, somebody stop him?
Sam: Yes.
Jack: Get off my property right now. I see you guys again, I'm
calling the cops.
Sam: Jack, your wife, everybody you know, they're in danger.
Jack: Now!


説得は失敗に終わった。兄弟は諦めて帰ったが、彼の不安が拭い去られたわけではない。一人庭のベンチに座っていた彼は、窓に見える下着姿の女性の姿を見て飢えを抑えられなくなった。張り込みをしていた兄弟はタンクを用意し、急いで家に突入...

のはずが、出てきた女性と鉢合わせした上に、ジャックの姿が見当たらない。悲鳴を上げられたので慌てて逃げ出した。彼は彼女を襲っていなかった。当のジャックは自分の部屋に戻った。すっかり飢えを抑えこんだようで、普通の表情をしている。奥に行くと、椅子に縛られている奥さんの姿が見えた。彼女を救おうと近づいたら、後ろから何者かにクロロフォームを嗅がされた。


目を覚ますと、彼は縛られていた。やったのは当然トラヴィスである。彼は兄弟の友人である事を明かし、聞いた真実を奥さんに話すように言った。ジャックは妻は関係ないと言ったのだが、30年前と同じことがすでに起きようとしていた。彼女は妊娠していたのである。

トラヴィスは同じ過ちを繰り返せないと、ガソリンを撒き始めた。妊娠がなければジャック一人で済んだ話だが、子供が出来てしまった以上、夫婦共々殺さなければならない。怒りに震えたジャックのDNAが覚醒し、縛っていたロープを断ち切った。

と同時にトラヴィスに襲い掛かり、もみ合った末に彼の腕をへし折った。そこに襲ってくる人肉への強い飢え。彼はもはや誘惑を止めることが出来ず、トラヴィスの肉を食らった。一口食べるともう止まらない。二口、三口と食べあさった。

満たされたジャックは、意識が少し戻ったのか奥さんを解放。怯える彼女は家を飛び出して、車で逃げていった。一人残されたジャックの目の前にはトラヴィスの死体がある。彼はまたそれをむさぼり始めた。


今になってようやく兄弟が到着。変わり果てたトラヴィスの姿に、サムはディーンの言う事を聞いておけばよかったと後悔した。だが悲しみにふけっている暇はなかった。二人に気づいたジャックが襲い掛かってきた。

サムが目を覚ますとクローゼットに一人入れられていた。鍵のかかったドアの向こうからジャックの声が聞こえる。サムはディーンにもしものことがあったらと怒ったが、彼はまだ生きていると彼は言う。そして彼はこうなってしまった事情をサムに話した。

サムは話をつなぎながら、近くにあったハンガーを細工する。元に戻れなくなった後悔。だがそう仕向けたのはトラヴィスだと、ディーンを今にも食べようとするジャック。

Sam: Listen to me. You got this dark pit inside you. I know. Believe me, I know. But that doesn't mean you have to fall into it. You don't have to be a monster.

彼は自分に言い聞かせるかのように語る。

Jack: Have you seen me lately?
Sam: It doesn't matter what you are. It only matters what you do. It's your choice.

例えモンスターのようになってしまったとしても、その力をどうするかは自分にかかっている。ジャックが自分を抑えきれず、意識を失ったディーンを見ていると、サムが鍵を開けて出てきた。手にはフレイムタンクが握られている。

サムは兄が危険にさらされても、あくまでジャックに選択肢を与えた。だが、彼はサムに襲い掛かった。今度は迷いなく彼に炎を吹き付ける。全身が炎に包まれ、事件は終結した。


帰りの車中。傷だらけの二人は、無言のまま。なんとなくディーンが切り出した。

Dean: You did the right thing, you know. That guy was a monster. There was no going back. Sam, I want to tell you I'm sorry. I've been kind of
hard on you lately.
Sam: Don't worry about it, Dean.
Dean: It's just that your, uh, your psychic thing – it scares the crap out of me.
Sam: If it's all the same, I'd really rather not talk about it.Dean: Wait a minute. what? You don't want to talk? You?
Sam: There's nothing more to say. I can't keep explaining myself to you. I can't make you understand.
Dean: Why don't you try?
Sam: I can't. Because this thing, this blood – it's not in you the way it's in me. It's just something I got to deal with.
Dean: Not alone.
Sam: Anyway, it doesn't matter. These powers... it's playing with fire. I'm done with them. I'm done with everything.
Dean: Really? Well, that's a relief. Thank you.
Sam: Don't thank me. I'm not doing it for you. Or for the angels or for anybody. This is my choice.


【感想】

ルガルーを追いかけながら、ジャックとサムを重ね合わせた感じでした。力をどう使うのかは自分次第で、最後にジャックを燃やしたのもサム自身だったのが印象的でした。あれをディーンがやってしまったら、なんだか微妙な感じになったかも。

いつもはやってられないよ、という堂々巡りの議論に飽きた感じで終わるんですが、今回は「お互いの状況が違うから、いくら説明しても理解してもらえることはない」というサムの諦めにも似たセリフが哀しかった。ディーンの"Not alone."とそれに続くサムのセリフも、互いが別の道をたどり始めているような感じで、なんとも物悲しい。

だからこそ、このドラマがどういう結末を迎えるのかが楽しみです。今回はシリアスさ全開でしたが、来週はコメディのような雰囲気。ちょっと息抜きとなりそうです。

それではまた。それにしてもルビーがあまりにも大人しすぎる...


【Credits】

Writers: Cathryn Humphris
Director: Kim Manners

Stars:
Jensen Ackles as Dean Winchester
Jared Padalecki as Sam Winchester

Recurring Role:
Genevieve Cortese as Ruby
Guest Star:Dameon Clarke as Jack Montgomery
Joanne Kelly as Michelle Montgomery
Ron Lea as Travis
Craig Stanghetta as Bartender
Angelique Naude as Girl in Bar
Colby Wilson as Guy in Bar

©2008 The CW Television Network
スポンサーサイト


home

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アメリカドラマ 411, 2007- All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。